シカゴ発 〓 ムーティ、ストライキの現場へ

2019/03/13

シカゴ交響楽団の楽団員によるストライキは3月12日、2日目を迎えた。その12日朝、音楽監督を務めるリッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)がオーケストラ・ホール前でピケットラインを張っている楽団員たちのもとを訪れた。ムーティはストライキが始まる前、マネージメント側に対して善処を求める公開書簡を送っている。

米国での報道によると、ムーティが顔を見せた時、ホール前では金管セクションのメンバーが演奏をしていた。この日は元々、ムーティによるリハーサルが予定が組まれており、ストライキでそれがキャンセルされた。全米のトップ・クラスのオーケストラの音楽監督の中で、ストライキ中の楽団員たちのピケットラインの現場を訪れという行動に出た指揮者はムーティが初めてという。

現場でムーティは、マネージメント側の立場にも配慮し、「私はピケットラインに参加しているわけではない。理事会を攻撃するためにここにいるわけではない」と強調。その一方で「ミュージシャンが言わなければならないことに耳を傾ける」と述べ、改めて楽団員たちに寄り添う姿勢をみせた。今回のストライキの影響で、マネージメント側は14日、16日のコンサートを中止すると発表している。

写真:Chicago Classical Review / Lawrence Johnson


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン放送交響楽団が首席指揮者にマリン・オールソップ

  2. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア国立劇場の音楽監督が交代

  3. 訃報 〓 エル・システマの創設者、ホセ・アントニオ・アブレウが死去

  4. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  5. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール創設へ

  6. パリ発 〓 デュトワがフランス国立管を指揮してフランス音楽界復帰

  7. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが失明の危機だったと告白

  8. ミラノ発 〓 クリストフ・フォン・ドホナーニ、復活もまたキャンセル

  9. ニューヨーク発 〓 訃報:ヴァイオリンのロバート・マン死去

  10. ケルン発 〓 ギュルツェニヒ管弦楽団が音楽監督フランソワ=グザヴィエ・ロトとの契約を延長

  11. 訃報 〓 ハンス・シュタットルマイア, オーストリアの指揮者

  12. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  13. 訃報 〓 ヘルムート・フロシャウアー, オーストリアの指揮者

  14. ブレゲンツ音楽祭 〓 公演DVD発売:2017 – 2018年の《カルメン》

  15. バイロイト音楽祭 〓 来年の《タンホイザー》はアクセル・コーバーが指揮!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。