ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

2019/04/04

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は、世界初演となるオルガ・ノイヴィルト作曲《オルランド》を含めて6演目。キアラ・ムーティ演出のモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》を、リッカルド・ムーティが指揮して父子共演が実現する。

ブリテン《夏の夜の夢》
10月2日 – 21日
演出:イリーナ・ブルック
指揮:シモーネ・ヤング
出演:エリン・モーリー / ローレンス・ザッゾ / テオ・トゥベ / ピーター・ケラー / レイチェル・フレンケル / オルガ・ベズメルトナ / ピーター・ローズ

オルガ・ノイヴィルト《オルランド》 = 世界初演
12月8日 – 20日
演出:カロリーネ・グルーバー
指揮:マティアス・ピンチャー
出演:ケイト・リンゼー / フィオナ・ショウ / エリック・ジュレナス / コンスタンス・ハウマン / レイ・メルローズ / ヴィヴィアン・ボンド / アグネタ・アイヒェンホルツ

アルビン・フリース《ペルシネット》
12月21日 – 29日
演出:マティアス・フォン・シュテークマン
指揮:ギレルモ・ガルシア・カルヴォ
出演:オルガ・ベズメルトナ / シァホウ・ジンシュ / レギーネ・ハングラー / モニカ・ボヒネク / ザミュエル・ハッセルホルン / ソリン・コリバン

ベートーヴェン《フィデリオ》
オリジナル版:2020年2月1日 – 14日
現行版:2020年4月22日 – 5月2日
演出:アメリ・ニーアマイア
指揮:トマーシュ・ネトピル
出演:ジェニファー・デイヴィス / ベンヤミン・ブルンス / トビアス・ケーラー / トーマス・ヨハネス・マイヤー / ヨルグ・シュナイダー / ヘン・ライス = オリジナル
トマス・コニエチュニー / アンドレアス・シャーガー / シモーネ・シュナイダー / ギュンター・グロイスベック = 現行版

モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》
2020年5月22日 – 28日
マリアンヌ・クレバッサ / アレッシオ・アルドゥーニ / ジュリー・フックス / ゲニア・キューマイヤー / マルコ・フィリッポ・ロマーノ
演出:キアラ・ムーティ
指揮:リッカルド・ムーティ

ヴェルディ《仮面舞踏会》
2020年6月15日 – 29日
演出:ヨーゼフ・エルンスト・ケップリンガー
指揮:ミケーレ・マリオッティ
出演:フランチェスコ・メーリ / リュドヴィク・テジエ / クラッシミラ・ストヤノヴァ / モニカ・ボヒネク / マリーナ・ナザロヴァ


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ヴァシリー・ペトレンコがロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に

  2. ボローニャ発 〓 ボローニャ歌劇場が2019年の上演ラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 ウィーン放送交響楽団が首席指揮者にマリン・オールソップ

  4. 東京発 〓 東京フィルが次シーズンの定期演奏会ラインナップを発表

  5. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の芸術監督を辞任

  6. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  7. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  8. 大津発 〓 開館20周年記念公演をあす土曜日にも追加開催、台風直撃でびわ湖ホール

  9. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルの次期首席指揮者にカネラキス

  10. アムステルダム発 〓 ノセダが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団に思わぬデビュー

  11. ロンドン発 〓 フレミングが英国でもミュージカル・デビュー

  12. バルセロナ発 〓 カタリーナ・ワーグナーがリセウ劇場《ローエングリン》を演出

  13. ニューヨーク発 〓 レヴァイン、契約違反と名誉毀損でメトロポリタン歌劇場を提訴

  14. シカゴ発 〓 デヴィッド・クーパーがシカゴ交響楽団の首席ホルンに

  15. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが首席客演指揮者にキム・ウンソン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。