訃報 〓 ランド・バルトリーニ(87)イタリアのテノール歌手

2024/06/29

イタリアのテノール歌手ランド・バルトリーニ(Lando Bartolini)が28日、ピストイアの自宅で亡くなった。87歳だった。名歌手マリオ・デル・モナコを彷彿とさせる輝かしく、ドラマティックな声を持ち、1970年代から2000年代にかけて世界的に活躍した。

フィレンツェ近くのプラート生まれで、実家の織物工場で働いた後、1966年に米国フィラデルフィアに移住して機械関係の仕事に就いたが、1967年からバス歌手のニコラ・モスコーナに付いて改めて声楽を学び、1968年にフィラデルフィアのセント・ジョセフ大学劇場でプッチーニ《外套》のルイージ役を歌って歌手デビューした。

本格的なオペラ・デビューは1973年、バルセロナのリセウ大劇場でマスカーニ《イリス》のオーサカ役。その後、スイスのサンクト・ガレン劇場、ニューヨーク・シティ・オペラのスタッフとなり、1982年にはミラノ・スカラ座のヴェルディ《エルナーニ》のタイトルロールを歌ってデビューした。

1983年にはヴェルディ《アイーダ》ラダメスを歌ってヴェローナ音楽祭にデビュー。それを皮切りに1990年代まで、ラダメス、プッチーニ《トゥーランドット》のカラフ、レオンカヴァッロ《道化師》のカニオなどで出演を重ねた。

また、1985年にプッチーニ《ラ・ボエーム》のロドルフォを歌ってウィーン国立歌劇場にデビュー、翌年4月には歌劇場の日本公演でジュゼッペ・シノーポリ指揮のプッチーニ《マノン・レスコー》にデ・グリュー役で出演している。日本公演の直後にはプッチーニ《トスカ》カヴァラドッシ役でニューヨークのメトロポリタン歌劇場にデビューしている。

その後、1998年には、中国・北京の紫禁城で行われたフィレンツェ歌劇場の《トゥーランドット》公演に出演。65歳だった2002年には、新国立劇場のヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》マンリーコを歌うなど、キャリアの後年までリリコ・スピントのドラマティックな声を保ち、世界各地の歌劇場に出演を重ねた。

生涯にラダメスは240回以上、カラフは179回、マンリーコは160回歌い、約40年のキャリアの中で49の役を演じている。国際的な名声を築きながらも飄々として大物ぶらず、指揮者、歌手仲間から愛されるキャラクターで知られた。

写真:Bayerische Staatsoper





関連記事

  1. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがアーカイブ映像をストリーミング配信

  2. ローマ発 〓 イタリアの劇場は8日まで閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  3. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  4. ジェノヴァ発 〓 ダニエラ・デッシー通り制定へ

  5. ミラノ発 〓 スカラ座が新制作の《サロメ》をストリーミング配信

  6. ミラノ発 〓 スカラ座のトップ、当初の予定通りこの9月でオルトンビーナに交代

  7. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  8. ミラノ発 〓 スカラ座の次期総裁にフェニーチェ劇場総裁のフォルトゥナート・オルトンビーナ

  9. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  10. 訃報 〓 リアナ・イサカーゼ(78)ジョージアのヴァイオリニスト

  11. ノヴァーラ発 〓 復活した「カンテルリ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  12. ボローニャ発 〓 ボローニャ市立歌劇場が音楽監督にオクサーナ・リーニフ

  13. ミラノ発 〓 スカラ座のコンサート、ハーディングの代役になんと、バレンボイム

  14. 訃報 〓 シルヴァーノ・ブッソッティ(89)イタリアの作曲家

  15. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団がスペイン・ツアーを中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。