訃報 〓 シルヴァーノ・ブッソッティ(89)イタリアの作曲家

2021/09/20
【最終更新日】2023/02/06

イタリアの作曲家シルヴァーノ・ブッソッティ(Sylvano Bussotti)が亡くなった。89歳だった。音列作法、図形楽譜を使った偶然性の音楽といった多彩な作風で1960年代の前衛音楽の作曲家として活躍する一方、ピアニスト、画家、デザイナー、作家、詩人、映画監督、俳優、イラストレーター、舞台監督、振付師、演出家など、マルチな才能を発揮したことで知られる。

フィレンツェ生まれで、ケルビーニ音楽院で学んだ後、パリに渡ってマックス・ドイッチュに師事。ピエール・ブーレーズらと親しく交流、ジョン・ケージの偶然性の音楽に大きく影響された。その後、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会の常連になり、1959年に発表した「D.チューダーのための五つのピアノ曲」で注目を集めた。

1961年の《トルソ》、1963年の《イル・ヌード》が国際現代音楽協会のコンクールに立て続けに入賞。その後、協和音程の多いロマンティックな詩情を漂わせる作風、退廃的で甘美な音色美で強烈な官能性を放射する音楽を生み出し、音符の形が枝状になる新しい記譜法などによって一世を風靡した。

一方、左翼文化人を代表する一人で、ゲイ文化を象徴する存在としても名を馳せた。舞台作品の創作に熱心で、作曲から上演に至るまでのすべてを手掛ける多彩な才能をみせた。一時期、ヴェネチアのフェニーチェ劇場の芸術監督を務めていた。

ローマで交流のあった作曲家の武満徹との親交も深く、武満はブソッティの誕生日のためにギターの小品を作曲している。また、その招待で初来日。1987年には、サントリーホールが作曲を委嘱した《カタログ IV オーケストラのための詩 第1番 “H III”》が日本で初演されている。

写真:Il Messaggero


    もっと詳しく ▷











関連記事

  1. パリ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンに所得の過少申告で有罪判決

  2. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》、《コジ・ファン・トゥッテ》をストリーミング配信

  3. コペンハーゲン発 〓 デンマークも劇場閉鎖

  4. ロンドン発 〓 英国の音楽家予約サイトの調査で「音楽を辞めることを考えている」64%

  5. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  6. ベルリン発 〓 ティーレマンがベルリン州立オペラの音楽総監督に、バレンボイムの後任

  7. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンがアバドの生誕90年を記念して、残された録音をすべて収録した限定ボックス・セットをリリース

  8. ロンドン発 〓 フェリックス・ミルデンベルガーが「ドナテッラ・フリック指揮者コンクール」で優勝

  9. マルティナ・フランカ発 〓 ヴァッレ・ディートリア音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表

  10. オスロ発 〓 クラウス・マケラが3月、オスロ・フィルとのシベリウス全集でレコード・デビュー

  11. パリ発 〓 パリ国立オペラのバレエ団の次期芸術監督にジョゼ・マルティネス

  12. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  13. クラスノヤルスク発 〓 第2回「ヴィクトル・トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール」でスペインのマリア・ドゥエナスが優勝、河井勇人、清水公望が入賞

  14. 別府発 〓 第22回のアルゲリッチ音楽祭は来年にそのまま延期

  15. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。