訃報 〓 シルヴァーノ・ブッソッティ(89)イタリアの作曲家

2021/09/20
【最終更新日】2023/02/06

イタリアの作曲家シルヴァーノ・ブッソッティ(Sylvano Bussotti)が亡くなった。89歳だった。音列作法、図形楽譜を使った偶然性の音楽といった多彩な作風で1960年代の前衛音楽の作曲家として活躍する一方、ピアニスト、画家、デザイナー、作家、詩人、映画監督、俳優、イラストレーター、舞台監督、振付師、演出家など、マルチな才能を発揮したことで知られる。

フィレンツェ生まれで、ケルビーニ音楽院で学んだ後、パリに渡ってマックス・ドイッチュに師事。ピエール・ブーレーズらと親しく交流、ジョン・ケージの偶然性の音楽に大きく影響された。その後、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会の常連になり、1959年に発表した「D.チューダーのための五つのピアノ曲」で注目を集めた。

1961年の《トルソ》、1963年の《イル・ヌード》が国際現代音楽協会のコンクールに立て続けに入賞。その後、協和音程の多いロマンティックな詩情を漂わせる作風、退廃的で甘美な音色美で強烈な官能性を放射する音楽を生み出し、音符の形が枝状になる新しい記譜法などによって一世を風靡した。

一方、左翼文化人を代表する一人で、ゲイ文化を象徴する存在としても名を馳せた。舞台作品の創作に熱心で、作曲から上演に至るまでのすべてを手掛ける多彩な才能をみせた。一時期、ヴェネチアのフェニーチェ劇場の芸術監督を務めていた。

ローマで交流のあった作曲家の武満徹との親交も深く、武満はブソッティの誕生日のためにギターの小品を作曲している。また、その招待で初来日。1987年には、サントリーホールが作曲を委嘱した《カタログ IV オーケストラのための詩 第1番 “H III”》が日本で初演されている。

写真:Il Messaggero


    もっと詳しく ▷











関連記事

  1. ベルリン発 〓 指揮者サイモン・ラトルにドイツ連邦政府最高位の勲章

  2. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

  3. マンハイム発 〓 マンハイム国民劇場が新制作の《さまよえるオランダ人》をストリーミング配信

  4. ワシントン発 〓 クリスティーン・ゴーキーにフランス政府の芸術文化勲章シュヴァリエ章

  5. 訃報 〓 ペーター・シュライアー(84)ドイツのテノール歌手

  6. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  7. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルは開催

  8. バンクーバー発 〓 オットー・タウスクがバンクーバー響との契約を延長

  9. ミラノ発 〓 ゲルギエフがイタリア国内の資産売却を進めていると、イタリアの有力紙が報道

  10. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が新制作のジョルダーノ《シベリア》の初日7日の公演をストリーミング配信

  11. ローマ発 〓 イタリアの劇場は8日まで閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  12. 訃報 〓 クラウディオ・カヴィーナ(58)イタリアの指揮者・カウンターテナー

  13. ブラティスラヴァ発 〓 ミハイル・プレトニョフが新しいオーケストラを創設、ロシア・ナショナル管の音楽監督を当局が解任?

  14. エアフルト発 〓 指揮者のアレクサンダー・プライアーが着任したばかりの市立劇場の音楽総監督を退任

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。