フィレンツェ発 〓 演出家の故フランコ・ゼフィレッリの生誕100年、イタリアでは切手も

2023/02/16

演出家の故フランコ・ゼフィレッリ(Franco Zeffirelli)の生誕100年を記念する式典が誕生日の12日、彼の故郷フィレンツェで行われた。それに合わせ、イタリア郵政公社が彼の肖像を載せた切手を発行すると発表した。「イタリアの優れたエンターテイメント」というシリーズの一つで、発行枚数は約30万枚。

切手の価格は1.20ユーロで、左側に肖像画、右側には監督自身が描いたスケッチという構図。スケッチは1978年にミラノ・スカラ座のために制作した《カヴァレリア・ルスティカーナ》で、もう一つは1966年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場のために制作した《アントニオとクレオパトラ》。また、右上には監督のシンボルでもあるカチンコがデザインされている。

ゼフィレッリは2019年6月16日、96歳でローマの自宅で亡くなった。巨匠ルキノ・ビスコンティの下で舞台美術や演出の世界に入り、1968年の『ロミオとジュリエット』で名声を確立。その後も、1972年の『ブラザー・サン シスター・ムーン』、1979年の『チャンプ』、1998年の『ムッソリーニとお茶を』、2002年の『永遠のマリア・カラス』といった話題作を撮り続けた。

一方、世界的な劇場や音楽祭で、オペラの演出を数多く手がけており、メトロポリタン歌劇場の《トゥーランドット》やスカラ座の《アイーダ》といった名舞台でも知られる。1998年には新国立劇場で、開場記念公演の《アイーダ》も手掛けた。1994年にはベルルスコーニ元首相が率いた中道右派政党から出馬、上院議員も務めている。

写真:Poste Italiane


関連記事

  1. バイロイト発 〓 リヒャルト・ワーグナー記念館が《さまよえるオランダ人》の直筆楽譜を初公開

  2. パリ発 〓 パリ国立オペラが新制作の《アイーダ》をストリーミング配信

  3. ストックホルム発 〓 2023年の「ポーラー音楽賞」に作曲家のアルヴォ・ペルト

  4. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が新制作のジョルダーノ《シベリア》の初日7日の公演をストリーミング配信

  5. ベルリン発 〓 指揮者のダニエル・バレンボイムが脊椎手術、2月いっぱい休養

  6. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを厳格化、劇場やホールは12月半ば過ぎまで閉鎖

  7. 訃報 〓 ブラムウェル・トーヴィー(69)英国の指揮者

  8. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラの次期音楽監督にポーランドの指揮者マルタ・ガルドリンスカ

  9. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  10. ニューアーク発 〓 ニュージャージー響が音楽監督シャン・ジャンとの契約を延長

  11. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス(90)米国のメゾ・ソプラノ歌手

  12. ダラス発 〓 ダラス交響楽団がルイージの指揮でメトロポリタン歌劇場管弦楽団と合同コンサート

  13. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルが2022年の公演ラインナップを発表

  14. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが来年のオペラを発表、2020年は予定通り8日開幕

  15. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。