訃報 〓 ミヒャエル・ボーダー(65)ドイツの指揮者

2024/04/08

ドイツの指揮者ミヒャエル・ボーダー(Michael Boder)が7日、ウィーンで急逝した。65歳だった。スイスのバーゼル劇場とスペイン・バルセロナのリセウ大劇場の音楽監督、デンマーク国立オペラの首席指揮者などを歴任。20世紀と21世紀の音楽を得意とし、チェルハやヘンツェ、トロヤーン、ライマンといった作曲家の作品の初演を数多く手掛けてきた。

ダルムシュタット生まれで、ハンブルク音楽大学で学んだ後、フィレンツェでリッカルド・ムーティとズービン・メータに師事。フランクフルト歌劇場ではミヒャエル・ギーレンのアシスタントを務めた。

1987年、29歳でバーゼル歌劇場の首席指揮者に就任。1991年、バーゼルでルカ・ロンバルディのオペラ《ファウスト》の世界初演を指揮。またこの年、ミュンヘン・オペラ・フェスティバルのオープニングでペンデレツキの《ユビュ王》の世界初演を手掛け、1992年にはベルリン・ドイツ・オペラでライマンの《城》の世界初演を指揮している。

その後、さまざまな歌劇場、オーケストラに客演を続けたが、中でも現代物の指揮で高い評価を受け、1995年にはベルク《ヴォツェック》を指揮してウィーン国立歌劇場にデビュー。ウィーンでは、2002年にはチェルハの《シュタインフェルトの嘘》、2010年にはライマンの『メデア』の世界初演を指揮した。

一方、バルセロナのリセウ大劇場の音楽監督(2008ー2012)、デンマーク王立オペラの首席指揮者(2012ー2016)を歴任。亡くなる前もアン・デア・ウィーン劇場で、シェーンベルクの生誕150年に寄せてボーダー自身が企画し、4月26日に初日を迎える予定だった公演「13日の金曜日」のリハーサルを続けていたという。

写真:Bregenzer Festspiele / Anja Köhler


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  2. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  3. ヴィースバーデン発 〓 ドイツのヘッセン州政府が4月初めまでの州立劇場閉鎖を発表

  4. ニュルンベルク発 〓 州立劇場が音楽総監督のローランド・ベーアとの契約を延長

  5. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン市長がゲルギエフを解職

  6. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ歌劇場が《チェネレントラ》をストリーミング配信

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  9. ベルリン発 〓 州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルがウクライナに連帯するチャリティー・コンサート開催へ、指揮はラハフ・シャニ

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

  12. ベルリン発 〓 レコード賞「オーパス・クラシック」授賞式がコンツェルトハウスで

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ドレスデン発 〓 モーリッツブルク音楽祭が開幕

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。