訃報 〓 フランコ・ファンティーニ(99)イタリアのヴァイオリン奏者, スカラ座管弦楽団の元コンサートマスター

2024/04/08

約40年にわたってスカラ座管弦楽団のコンサートマスター、ソロ・ヴァイオリニストを務めたフランコ・ファンティーニ(Franco Fantini)が4月2日に亡くなった。99歳だった。

ミラノ音楽院でエンリコ・ポロとミケランジェロ・アバドにヴァイオリンを師事した後、1942年に17歳でスカラ座管弦楽団に第1ヴァイオリン奏者として入団。1954年にコンサートマスターに就任、1993年までヴィクトル・デ・サバタ、アルトゥーロ・トスカニーニ、クラウディオ・アバド、ヘルベルト・フォン・カラヤン、カルロ・マリア・ジュリーニ、ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ、リッカルド・ムーティ、リッカルド・シャイーといった蒼々たる指揮者と共演を重ねた。

スカラ座は第2次大戦末期、連合軍の空襲で建物が破壊されたが、市民らがその再建に奔走。1946年5月11日にはトスカニーニの指揮で再開コンサートを行っているが、その時も演奏している。1960年11月2日、ディミトリス・ミトロプーロスがマーラーの交響曲第3番第2楽章のリハーサル中に心臓発作を起こして急逝した時のことを、回想録『スカラ座での人生』の中で「その朝、彼は私たちを一人ずつ出迎えた。彼はリハーサルを始めたのですが、数小節を終えた後、生気を失って倒れてしまったのです」と回想している。

また、アンジェロ・エフリキアン指揮ミラノ・ソリスティ、アバド指揮スカラ座ソリスティ、アンジェロ・ステファナート指揮のローマ・ヴィルトゥオージにも所属。スカラ座カルテットの第1ヴァイオリンを15年間務めた。まさに生き字引的存在で、スカラ座はファンティーニが90歳を迎えた2015年、誕生日にヴェルディ《アイーダ》を上演、その誕生日を祝っている。

シャイーは彼の回想録に序文を寄せ、「音楽を特徴づけるような深遠かつ長期にわたる芸術的共同作業では、一拍一拍、何時間にもわたって音楽と触れ合う必要がある」と強調、「生涯を通じて蓄積された経験によって教養を身につけた、このような専門的で信頼できる相棒に頼ることができることは、指揮者にとって絶対的に重要な支えであった」と述べている。

写真:Teatro alla Scala


関連記事

  1. 訃報 〓 ユルゲン・フリム(81)ドイツの演出家

  2. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  3. 訃報 〓 クラウディオ・デズデーリ(75)イタリアのバリトン歌手

  4. パリ発 〓 パリ国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  6. 訃報 〓 パトリック・ダヴァン(58)ベルギーの指揮者

  7. ニュルンベルク発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にローランド・ベーア、ヨアナ・マルヴィッツの後任

  8. グラナダ発 〓 クリスティアン・ツァハリアスがグラナダ市立管弦楽団の首席客演指揮者に

  9. モスクワ発 〓 ロシアのメディア、ゲルギエフがボリショイ劇場の総監督も兼務と報道

  10. ロンドン発 〓 ピアニストの内田光子に「ウィグモア・ホール・メダル」

  11. 訃報 〓 ハンス・シュタットルマイア(89)オーストリアの指揮者

  12. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン(74)米国のソプラノ歌手

  13. ウィーン発 〓 来シーズンのウィーン・フィルの定期演奏会にミルガ・グラジニーテ=ティーラ、女性指揮者の定期起用はオーケストラ初

  14. リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルが首席指揮者のドミンゴ・インドヤンとの契約を延長

  15. ルクセンブルク発 〓 指揮者のグスターボ・ヒメノがルクセンブルク・フィルとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。