ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表、ムーティが開幕コンサートを指揮

2024/04/09
【最終更新日】2024/04/12

イタリアのヴェローナ音楽祭(Arena di Verona)が2024年の公演ラインナップを発表した。2024年は101回目で、6月7日から9月7日の日程で開催される。7日の開幕コンサートは「イタリアにおけるオペラの歌唱」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念したガラ・コンサートで、リッカルド・ムーティが150人のオーケストラと300人を超えるコーラスを指揮する。

2024年は没後100周年を迎える作曲家プッチーニに焦点を当てており、最初に登場するオペラは、故フランコ・ゼフィレッリの名演出として知られる《トゥーランドット》。これに再演の《トスカ》と新制作の《ラ・ボエーム》が加わる。《トスカ》はアンナ・ネトレプコの音楽祭デビューが話題で、ウーゴ・デ・アナの演出。《ラ・ボエーム》の新演出は、アルフォンソ・シニョリーニが手掛ける。

プッチーニ以外の作品は、ヴェルディ《アイーダ》、ビゼー《カルメン》、ロッシーニ《セビリアの理髪師》。《アイーダ》は昨年の第100回の音楽祭のためにステファノ・ポーダが演出を手掛けたプロダクションに加え、ジャンフランコ・デ・ボジオが演出を手掛けた1913年の歴史的なプロダクションの2種が上演される。また、《カルメン》はゼッフィレッリ演出で、《セビリアの理髪師》はデ・アナの演出。

出演する歌手陣は例年にも増して豪華で、カルメン役のアイグル・アクメチーナ、ミカエラ役のプリティ・イェンデ、ミミ役のジュリアナ・グリゴリアン、アルマヴィーヴァ伯爵役のルネ・バルベラが音楽祭デビューを飾る。

また、初演200年を記念してベートーヴェンの交響曲第9番のコンサートも行われ、アンドレア・バッティストーニが指揮、エリン・モーリーとイヴァン・マグリ、アンナ・マリア・キウリ、アレキサンダー・ヴィノグラードフが出演する。一方、ヴィヴァルディ《四季》の初演300周年記念イベントも。3Dプロジェクションを使った没入型コンサートで、クリエイティブ・ディレクターのマルコ・バリッチが先進的なテクノロジーを駆使してまったく新しい舞台美術を登場させるという。

ミケーレ・スポッティの指揮によるオルフ《カルミナ・ブラーナ》もあり、ジェシカ・プラット、フィリッポ・ミネッチャ、ヨンジュン・パクらが出演する。ロベルト・ボッレとその仲間たちによるバレエ、プラシド・ドミンゴの「スペインの夕べ」コンサートなどの、定番のコンサートも行われる。


プッチーニ《トゥーランドット》
[演出]フランコ・ゼフィレッリ
[指揮]ミケーレ・スポッティ
[出演]トゥーランドット姫:エカテリーナ・セメンチュク / イェジン・ヨン / アンナ・ピロッツィ / オルガ・マスロヴァ
    カラフ:ユシフ・エイヴァゾフ / アンジェロ・ヴィッラーリ / グレゴリー・クンデ
    リュー:マリアンジェラ・シチリア / マリア・アグレスタ / ダリア・・リーバク


プッチーニ《トスカ》
[演出]ウーゴ・デ・アナ
[指揮]ダニエル・オーレン
[出演]トスカ:アンナ・ネトレプコ / エレナ・スティッキナ 
    カヴァラドッシ:ユシフ・エイヴァゾフ / ヨナス・カウフマン
    スカルピア:ルカ・サルシ / リュドヴィク・テジエ


プッチーニ《ラ・ボエーム》= 新制作
[演出]アルフォンソ・シニョリーニ
[指揮]ダニエル・オーレン
[出演]ミミ:ジュリアナ・グリゴリアン
    ロドルフォ:ヴィットリオ・グリゴーロ
    ムゼッタ:エレオノーラ・ベロッチ
    マルチェッロ:ルカ・ミケレッティ
    コッリーネ:アレキサンダー・ヴィノグラードフ
    ショナール:ファビオ・プレヴィアーティ


ヴェルディ《アイーダ》
[演出]ステファノ・ポーダ
[指揮]マルコ・アルミリアート / アルヴィゼ・カゼラーティ / ダニエル・オーレン
[出演]アイーダ:マルタ・トルビドーニ / マリア・ホセ・シーリ / エレナ・スティッキナ
    ラダメス:グレゴリー・クンデ / アンジェロ・ヴィッラーリ / ユシフ・エイヴァゾフ
    アムネリス:クレメンティーネ・マルガイーネ / アグニエツカ・レーリス / エカテリーナ・セメンチュク
    ランフィス:アレキサンダー・ヴィノグラードフ / ラファウ・シヴェク
    アモナズロ:イーゴリ・ゴロヴァテンコ / アマルトゥブシン・エンクバット / ヨンジュン・パク / リュドヴィク・テジエ


ヴェルディ《アイーダ》1913年演出版
[演出]ジャンフランコ・デ・ボジオ
[指揮]ダニエル・オーレン
[出演]アイーダ:マリア・ホセ・シーリ / エレナ・スティッキナ / アンナ・ピロッツィ
    ラダメス:ピョートル・ベチャワ / イヴァン・マグリ / グレゴリー・クンデ
    アムネリス:エカテリーナ・セメンチュク
    ランフィス:アレキサンダー・ヴィノグラードフ
    アモナズロ:ルカ・サルシ / ヨンジュン・パク / リュドヴィク・テジエ


ビゼー《カルメン》
[演出]フランコ・ゼフィレッリ
[指揮]レオナルド・シーニ / ダニエル・オーレン
[出演]カルメン:アイグル・アクメチーナ / クレメンティーネ・マルガイーネ / アリサ・コロソヴァ
    ドン・ホセ:フランチェスコ・メーリ / フレディ・デ・トマーゾ / ロベルト・アラーニャ
    エスカミーリョ:アーウィン・シュロット / ルカ・ミケレッティ / リュドヴィク・テジエ / ダリボール・イェニス
    ミカエラ:クリスティーナ・ムヒタリアン / ダリア・リーバク / アレクサンドラ・クルザク / プリティ・イェンデ / マリアンジェラ・シチリア


ロッシーニ《セビリアの理髪師》
[演出]ウーゴ・デ・アナ
[指揮]ジョージ・ペトロウ
[出演]アルマヴィーヴァ伯爵:ルネ・バルベラ / ディミトリ・コルチャック / ローレンス・ブラウンリー
    ロジーナ:ヴァシリーサ・ベルジャンスカヤ / ジェシカ・プラット
    フィガロ:マッティア・オリヴィエーリ / ニコラ・アライモ / ダヴィデ・ルチアーノ
    バルトロ:パオロ・ボルドーニャ / ミシャ・キリア / カルロ・レポーレ
    バジリオ:ロベルト・タリアヴィーニ / アレキサンダー・ヴィノグラードフ


写真:Arena di Verona


  もっと詳しく ▷

  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. シンシナティ発 〓 シンシナティ・オペラがサマーフェスティバルのスケジュールを発表

  2. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団がスペイン・ツアーを中止

  3. エクス=アン=プロヴァンス発 〓 エクス=アン=プロヴァンス音楽祭が総監督のピエール・アウディとの契約を延長

  4. グラインドボーン発 〓 グラインドボーン音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表

  5. ザルツブルク発 〓 ベルリン・フィルがザルツブルク復活祭音楽祭のレジデント・オーケストラに復帰

  6. ボローニャ発 〓 巨匠の没後10年を記念して、ボローニャ市が「クラウディオ・アバド広場」

  7. マチェラータ発 〓 ・オペラ・フェスティバルが2021年のスケジュールを発表

  8. バイロイト音楽祭 〓 キャスト交代を発表、《ワルキューレ》のブリュンヒルデはイレーネ・テオリンの代役にキャサリン・フォスターが出演

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがこの夏の「ミュンヘン・オペラ・フェスティバル」の概要を発表

  10. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管のコンサートマスターにアンドレア・オビソ

  11. ボローニャ発 〓 作曲家の故郷にレスピーギ音楽祭誕生

  12. サンタフェ発 〓 テノールのローランド・ビリャソンが《オルフェオ》の初日を降板、リハーサルで背中痛め

  13. ヴェルディ・フェスティバル 〓 来年のフェスティバルの概要を発表

  14. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2021年は会期短縮して《トゥーランドット》の上演を中止

  15. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」はピアノのイサタ・カネー=メイソンに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。