デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居を博物館に

2018/09/27
【最終更新日】2021/12/21

デュッセルドルフ市は作曲家ロベルト・シューマンの旧居を博物館にすることを決めた。経費は320万ユーロ(約4億2500万円)。シューマンの旧居は、ビルカー通り(Bilker Str)にある3階建てのアパートメントの3階。シューマンは1850年年9月、デュッセルドルフの音楽監督になるためドレスデンから転居してきて、1852年9月1日からこの部屋に住んだ。

シューマンは1854年2月に河に飛び込んで自殺を企て、3月5日にボン近郊のエンデニヒにある病院に入院したが、それまでこの部屋に住んでいた。シューマンはそのまま退院することなく、1856年7月29日に46歳で亡くなった。

この部屋でシューマンは、チェロ協奏曲、交響曲第3番《Rhine》、ヴァイオリンソナタ第1番、ピアノ三重奏曲第3番などの作品を書いている。1853年9月30日、作曲家のブラームスがヴァイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムの紹介状を持ってこの部屋を訪れている。

写真:RPonline / Andreas Bretz


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ズヴェーデンが2023/2024シーズンでニューヨーク・フィルの音楽監督を退任

  2. トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

  3. ミラノ発 〓 12月7日のシーズン開幕は無観客でスペシャル・ガラ・コンサート

  4. ハールレム発 〓 北オランダ管の次期首席指揮者のノルウェーのエイヴィン・グルベルグ=イェンセン

  5. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  6. 訃報 〓 ピーター・ブルック, 英国の演出家

  7. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで中川優芽花が優勝

  8. ロンドン発 〓 アンジェラ・ゲオルギューが《トスカ》でメトロポリタン歌劇場に復帰

  9. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィル初の女性コンサートマスターとしてデビュー

  10. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンをキャンセル

  12. 訃報 〓 ドミトリー・バシキーロフ, ロシアのピアニスト

  13. 訃報 〓 バリー・タックウェル, オーストラリアのホルン奏者

  14. ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

  15. ロサンゼルス発 〓 グラミー賞授賞式は3月に、アカデミー賞に続いて延期

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。