ヴェッセルビューレン発 〓 2024年の「ブラームス賞」に指揮者のケント・ナガノ

2024/03/22

指揮者のケント・ナガノ(Kent Nagano)が2024年の「ブラームス賞」に決まった。授賞式は11月29日、ドイツ北部のヴェッセルビューレンで行われ、長野が音楽総監督を務めるハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団(ハンブルク州立歌劇場管弦楽団)を指揮して、ブラームスやリヒャルト・シュトラウスの作品を演奏するという。

賞は1988年の創設。ブラームスの芸術的遺産の保存のために魅惑的な作品に貢献したアーティストを対象に、ドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州のブラームス協会が授与しており、賞金は10,000ユーロ(約164万円)。

第1回の受賞者は、レナード・バーンスタインとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。以来、バリトン歌手のディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ、クラリネット奏者のサビーネ・マイヤー、指揮者のクリストフ・エッシェンバッハとヘルベルト・ブロムシュテット、最近では、ヴァイオリニストのみどりが受賞している。

受賞理由は「長野はハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督としてブラームスに焦点を当て、北ドイツの作曲家の作品の新たな魅力を見出してきた。彼には発見と革新の精神があり、文化遺産の尊厳に対する明確で、芸術的に妥協することなく、この遺産をより多くの聴衆に伝えようとしてきた」としている。

写真:Orchestre de la Suisse Romande


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ディミトリー・ホフストフスキー(55)ロシア出身のバリトン歌手

  2. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  3. フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

  4. 訃報 〓 ミヒャエル・ボーダー(65)ドイツの指揮者

  5. パリ発 〓 トーマス・ヘンゲルブロックがパリ室内管の音楽監督に

  6. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  7. ベルリン発 〓 ドイツが過去最大規模の21億ユーロで文化支出を支援

  8. ローマ発 〓 ローマ歌劇場の次期音楽監督にミケーレ・マリオッティ

  9. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで中川優芽花が優勝

  10. ローマ発 〓 パッパーノの後任にガッティが急浮上、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

  11. ハノーファー発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にステファン・ジリアス

  12. ロサンゼルス発 〓 レナード・バーンスタインの“鼻”が物議、映画「マエストロ」のメイクで

  13. リヒャルト・シュトラウス音楽祭 〓 アレクサンダー・リープライヒが芸術監督を辞任

  14. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  15. 北京発 〓 ピアニストのラン・ランが中国でバッハ・ツアー、15都市でゴルドベルク変奏曲

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。