訃報 〓 ルイ・アンドリーセン(82)オランダの作曲家

2021/07/02
【最終更新日】2023/02/06

オランダの作曲家ルイ・アンドリーセン(Louis Andriessen)が7月1日、アムステルダム近郊のウェースプで亡くなった。82歳だった。同世代を代表する作曲家で、ジャズやロックの文脈を取り込んだ「ミニマル・ミュージック」の後の「ポスト・ミニマリスト」の大御所として知られた。

ユトレヒト生まれ。作曲家の父ヘンドリク(1892-1981)以下、兄ユリアーン(1925-1996年)、姉セシリア(1931-)、叔父ウィレム(1887-1964)が音楽家となった家で育った。

ユトレヒト音楽院で父ヘンドリクに、また、ハーグ音楽院でケース・ファン・バーレンに作曲を学ぶ。その後、ミラノとベルリンでイタリアの作曲家ルチアーノ・ベリオの下で研鑽を積んだ。

1959年、オランダのガウデアムス国際作曲家賞を受賞。1970年代の初めから、伝統的なオーケストラのために曲を作ることから離れ、伝統的なオーケストラの楽器とエレクトリック系の楽器の融合を模索、同時代のあらゆる音楽語法を取り込んできた。代表作に音楽劇《物質》や《デ・ステイル》、《労働組合》や《国家》、《時間》などがある。

また、映画監督のピーター・グリーナウェイとの共作でも知られる。モーツァルト没後200年を記念した英国BBCの番組《人間、音楽、モーツァルトのM》の後、1994年に《ロサ ─ ある馬のドラマ》、1999年に《フェルメールへの手紙》をオランダ国立オペラのために制作している。

写真:Arts Council Ireland


関連記事

  1. ザルツブルグ発 〓 モーツァルト週間が2024年の公演ラインナップを発表、テーマは「モーツァルトとサリエリ」

  2. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  3. シカゴ発 〓 「ショルティ指揮者アワード2018」にロデリック・コックスに

  4. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  5. アトランタ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがアトランタ響の音楽監督に

  6. ケルン発 〓 ケルン放送管の次期首席指揮者にアイルランドの指揮者デヴィッド・ブロフィー

  7. ベルリン発 〓 バレンボイムまた休養、当面の公演をキャンセル

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場のボグダン・ロシュチッチ総監督が契約を延長

  9. イエナ発 〓 指揮者のシモン・ガウデンツが音楽総監督を務めるイエナ・フィルとの契約を延長

  10. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが音楽監督のマルタ・ガルドリンスカとの契約を延長

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルに初の女性コンサートマスター、第1ヴァイオリンのヴィネタ・サレイカ=フォルクナーが昇格

  12. アナベルク発 〓 エルツゲビルゲ劇場の次期音楽総監督にイェンス・ゲオルク・バッハマン

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  14. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  15. ロンドン発 〓 英国王立音楽院の弦楽器部門の責任者にコントラバスのグラハム・ミッチェル、ハープ部門はカトリン・フィンチ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。