ベルリン発 〓 ベルリン交響楽団の次期首席指揮者にハンスイェルク・シェレンベルガー

2021/04/16

ドイツのベルリン交響楽団(Berliner Symphoniker)が次期首席指揮者に世界的なオーボエ奏者でもあるハンスイェルク・シェレンベルガー(Hansjörg Schellenberger)を迎えると発表した。1997年からその任にあるリオール・シャンバダールの後任。

シェレンベルガーはミュンヘン生まれの73歳。ミュンヘン国立音楽大学でオーボエを学び、マンフレート・クレメントに師事。同時にミュンヘン工科大学で数学を学んだ。1971年に当時のケルン放送交響楽団(ケルンWDR交響楽団)に入団、翌年のミュンヘン国際音楽コンクールで第2位を経て首席奏者を務めた。

その後、ヘルベルト・フォン・カラヤンの招きに応じて1980年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に移籍、首席オーボエ奏者として2000/2001のシーズン終了まで活躍した。そのかたわら、オーケストラのカラヤン・アカデミー、ベルリン芸術大学、イタリア・シエナのキジアーナ音楽院などで後進の指導に当たっている。

日本との関係が深く、1974年にドイツ・バッハ・ゾリステンの来日公演に参加して初来日。ベルリン・フィルの来日公演だけでなく、ソロイストとしてNHK交響楽団をはじめとする日本のオーケストラへの客演も多い。ベルリン・フィル退団後、指揮活動を本格化させ、日本のオーケストラにも毎年のように客演。2013年4月より、岡山フィルハーモニック管弦楽団の首席指揮者。

ベルリン響は1966年に西ベルリンで創立された団体。東ベルリンにあったベルリン交響楽団(Berliner Sinfonie-Orchester)、現在のベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(Konzerthausorchester Berlin)とは別団体で、オペレッタの大家として知られた指揮者ローベルト・シュトルツと遺した録音などで知られる。

写真:Hirasa Office


関連記事

  1. パリ発 〓 国立オペラのリスナー総裁が新制作のキャンセルに言及、長引くストライキの影響で

  2. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  3. バイロイト音楽祭 〓 ピョートル・ベチャワが2022年の音楽祭でパルジファル

  4. 訃報 〓 ステュアート・ベッドフォード, 英国の指揮者

  5. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  6. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  7. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの総監督に演出家のロッテ・デ・ベア

  8. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  9. バイロイト音楽祭 〓 夏の音楽祭のチケットのネット販売を停止

  10. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  11. ブカレスト発 〓 国立歌劇場が新シーズンの開幕を延期、新型コロナウイルスの感染急拡大で

  12. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルがオンライン音楽祭「ウィンターメッツォ」をスタート

  15. ミュンヘン発 〓 世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」も中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。