トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

2020/01/11

カナダ国立バレエ(National Ballet of Canada)が8日、バレリーナから指揮者に転身したマリア・セレツカヤ(Maria Seletskaja)を常任指揮者に起用すると発表した。任期は2年。バレエ団は1951年の設立。世界でもトップ・クラスのダンス・カンパニーの一つで、トロントを拠点にしている。50人以上のダンサーと自前のオーケストラを持つ。

セレツカヤはエストニア出身の36歳。タリンのバレエ学校卒業後、ロシアのサンクト・ペテルブルクにあるワガノワ・バレエ・アカデミーで研鑽を積み、2003年にデビュー。エストニア国立バレエ、ロイヤル・フランダース・バレエ、ベルリン州立歌劇場バレエ団、チューリヒ歌劇場バレエ団でソリストとして活躍してきた。この数年、米国のバークリー音楽大学などで指揮を学び、パーヴォ・ヤルヴィの元で研鑽を積んでいた。

写真:National Ballet of Canada




関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  2. 大阪発 〓 藤岡幸夫&関西フィル、ライブ録音によるシベリウスの交響曲全集をリリース

  3. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

  4. 訃報 〓 ピーター・ゼルキン, 米国のピアニスト

  5. ドルトムント発 〓 市立オペラがガブリエル・フェルツとの契約を延長

  6. モントリオール発 〓 モントリオール交響楽団がケント・ナガノに名誉指揮者の称号

  7. モントルー発 〓 ローザンヌ国際バレエ・コンクールの第1位にイタリアのマルコ・マシャーリ

  8. ブダペスト発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがフランツ・リスト室内管の芸術監督に

  9. 訃報 〓 辻久子, 日本のヴァイオリン奏者

  10. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  11. ベルリン発 〓 レコード賞「オーパス・クラシック」の年度賞発表、バッティストーニ &東京フィル、宮田大の録音も授賞

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが芸術総監督を退任するバッハラーへ送別コンサート、ストリーミング配信も

  13. 北九州 〓 ウィーン・フィルの日本ツアーがスタート

  14. ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. 訃報 〓 クラウディオ・カヴィーナ, イタリアの指揮者・カウンターテナー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。