東京発 〓 日本フィルが2024/2025シーズンの定期演奏会のラインナップを発表

2023/11/05
【最終更新日】2023/11/06

日本フィルハーモニー交響楽団(Japan Philharmonic Orchestra)が2024/2025シーズン(2024年9月~2025年8月)の定期演奏会のラインナップを発表した。日本フィルの定期演奏会は、サントリーホールを会場にした東京定期演奏会(金曜19時からと土曜14時から)に加え、横浜みなとみらいホールで行われる横浜定期演奏会(土曜17時から)というスタイル。

2023/2024シーズンから首席指揮者に就任したカーチュン・ウォンは4つのプログラムを受け持つ。9月はシーズン開幕コンサートで生誕200年を迎えるブルックナーの交響曲第9番を指揮、それに続いての横浜定期ではゲルハルト・オピッツをソリストに迎えるブラームスのピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキーの交響曲第4番を指揮する。

2025年に入ると、得意とするマーラーを取り上げ、3月に大曲の交響曲第2番《復活》を指揮。5月にはスティーブン・ハフをソリストに迎えるブラームスのピアノ協奏曲第1番と、2シーズン目も意欲的な取り組みをみせる。

また、4月に83歳となった桂冠名誉指揮者の小林研一郎は10月に登場。高木竜馬がソリストを務めるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、これにブラームスの交響曲第1番を組み合わせた演奏会が予定されている。また、2025年3月の横浜定期では、中野りなを迎えたチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、リムスキー=コルサコフの交響組曲《シェエラザード》という組み合わせ。

客演指揮者は「フレンド・オブ・JPO=芸術顧問」の広上淳一以下、アレクサンダー・リープライヒ、沖澤のどか、ガボール・タカーチ=ナジ、出口大地、山田和樹、下野竜也、藤岡幸夫、原田慶太楼。オーボエのフランソワ・ルルーが指揮者としてメンデルスゾーンの交響曲第3番《スコットランド》を指揮する。弾き振りでは、ピアノの横山幸雄によるオール・ショパン・プログラムも話題。

写真:Angie Kremer


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

  2. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー(60)オーストリアのテノール歌手

  3. 金沢発 〓 広上淳一、オーケストラ・アンサンブル金沢のアーティスティック・リーダーに

  4. 訃報 〓 ロバート・マン(97)米国のヴァイオリニスト、ジュリアード弦楽四重奏団の創設メンバー

  5. パリ発 〓 フランスの劇場は4月の公演をキャンセル、文化大臣も新型コロナウイルスに感染

  6. ケープタウン発 〓 若手歌手のための「オペラリア」、2023年は南アフリカのケープタウンで開催

  7. オストラヴァ発 〓 ヤナーチェク・フィルの次期芸術監督にロシアの指揮者ダニエル・ライスキン

  8. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  9. マルメ発 〓 スウェーデンのマルメ歌劇場が首席客演指揮者に自国の指揮者パトリック・リングボリ

  10. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ(88)チェコの指揮者

  11. トビリシ発 〓 ヴァイオリンのバティアシュヴィリが母国ジョージアに若い音楽家を支援するための財団を設立

  12. カーディフ発 〓 BBCカーディフ国際声楽コンクールで韓国出身のキム・ギフンが優勝

  13. 台北発 〓 指揮者のエリアフ・インバルが台北市立響との契約を破棄、首席指揮者を退任

  14. ブダペスト発 〓 ハンガリー放送響の次期首席指揮者にリッカルド・フリッツァ

  15. ブエノスアイレス発 〓 テアトロ・コロンが2024年の公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。