マドリード発 〓 州立管の次期芸術監督にアロンドラ・デ・ラ・パーラ

2024/02/01

マドリード州立管弦楽団(Orquesta y Corode la Comunidad de Madrid)が次期芸術監督にメキシコの指揮者アロンドラ・デ・ラ・パーラ(Alondra de la Parra)を迎えると発表した。2021/2022シーズンからその任にあるポーランドの指揮者マルゼナ・ディアクン(Marzena Diakun)の後任で、終身指揮にも就任する。

任期は2024/2025シーズンから。パラは1980年、ニューヨーク生まれの43歳。2歳の時に両親とメキシコに移住、7歳でピアノを、13歳でチェロを始め、19歳で奨学金を得てマンハッタン音楽院に留学した。

指揮者としてデビューした後は、2004年にアメリカス・フィルハーモニック管弦楽団を創設、メキシコ領カリブ海で毎年開催されるPAAX GNPフェスティバルの創設者兼指揮者を務めている。2016年からオーストラリアのクイーンズランド交響楽団の音楽監督を務め(-2019)、2022年からはミラノ交響楽団の客演指揮者を務めている

写真:Isabel Permuy


関連記事

  1. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが公演をキャンセル、なんと積雪で

  2. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  3. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  4. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ミュンヘン発 〓 補償の必要ないとミュンヘン市政府の法律顧問、ゲルギエフ解任で

  6. ザールブリュッケン発 〓 ザールラント州立劇場が音楽総監督のセバスティアン・ルランとの契約を延長

  7. 東京発 〓 東京二期会が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  8. 訃報 〓 ルイ・アンドリーセン(82)オランダの作曲家

  9. リガ発 〓 指揮者のカレル・マーク・チチョンがラトビア国籍を取得

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、《フィガロの結婚》と《カルメン》上演延期を発表

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《ファウスト》をストリーミング

  12. ロンドン発 〓 デイヴィッド・コーエンがロンドン響の首席チェロ奏者に

  13. 東京発 〓 新日本フィルが新シーズン、2023/2024シーズンの定期演奏会ラインナップを発表

  14. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョの大規模改修工事スタート、2022年9月まで閉館

  15. グラフェネック発 〓 小澤征爾がオーストリア音楽劇場賞の特別賞「国際文化貢献賞」を受賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。