ベルリン発 〓 バレンボイムが体調不良で新制作の《指環》の指揮を断念、代役にティーレマン

2022/08/31
【最終更新日】2022/10/26

ベルリン州立オペラが音楽監督のダニエル・バレンボイムが体調不良のため、新制作の《ニーベルングの指環》の指揮を断念せざるを得なくなったと発表した。新しい《指環》はドミトリー・チャルニャコフが演出を手掛け、10月2日から上演が始まる。発表によると、クリスティアン・ティーレマンが1回目と3回目のチクルスを(通し上演を)、2回目をトーマス・グガイスが指揮するという。

バレンボイムはこの2月、脊椎手術のため演奏活動を休止。3月6日に一時復帰したが、その直後から再び休養。4月13日にベルリン州立歌劇場管弦楽団を指揮したものの、その後はすべての出演をキャンセルし、この6月19日に現場復帰したところ。8月に入ってからは、ルツェルン音楽祭、ザルツブルク音楽祭で22日まで出演していた。

断念に当たってコメントを発表しており、春に診断された血管炎の影響とまだ戦っており、医師のアドバイスに従い、今は自分の健康を優先し、完全な回復に専念しなければならないと述べている。

また、ティーレマンに代役を依頼したことについては「州立歌劇場は私にとってとても大切な場所。だからこそ、私の尊敬する同僚が第1、第3サイクルの指揮を急きょ引き受けると宣言してくれたことは、とても嬉しいこと。私たちは長い付き合いなので、新しい《ニーベルングの指環》は極めて優れた手に委ねられていることを私は知っています」と述べている。

写真:Salzburger Festspiele / Monika Rittershaus


関連記事

  1. ルクセンブルク発 〓 指揮者のグスターボ・ヒメノがルクセンブルク・フィルとの契約を延長

  2. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  3. モンテカルロ発 〓 ネトレプコが約2ヵ月ぶりにオペラの舞台に、4回目の声明でロシアでの出演を否定

  4. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  5. モントリオール発 〓 モントリオール響の次期音楽監督にラファエル・パヤーレ

  6. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  7. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  8. バーミンガム発 〓 財政破綻のバーミンガム市が市立交響楽団に対する年間約1億2,000万円の補助金を2025年に全額カット

  9. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管が首席指揮者のトレヴァー・ピノックとの契約を延長

  10. ベルン発 〓 市立劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  11. エッセン発 〓 エッセン州がアールト音楽劇場の専属歌手三人に「宮廷歌手」の称号

  12. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  13. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラ・バレエの次期音楽監督にエドワード・ガードナー

  14. ヨービル発 〓 ボーンマス交響楽団が新たな拠点をゲット

  15. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が2023年の概要を発表、パブロ・エラス=カサド、ナタリー・シュトゥッツマンが音楽祭デビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。