訃報 〓 ウィリアム・ベネット, 英国のフルート奏者

2022/05/13

英国のフルート奏者ウィリアム・ベネット(William Bennett)が11日に亡くなった。85歳だった。ロンドン交響楽団をはじめとする英国のオーケストラで首席奏者を歴任。ソリストとしても国際的に活躍、100枚以上のタイトルの録音を残しているレジェンド。1960年代後半にはフルート・メーカーと協力して、音程を改善した「ベネット・クーパー・スケール」を生み出したことでも知られる。

1936年、ロンドン生まれ。12歳でフルートを始め、15歳からロンドンでジェフリー・ギルバートに学び、ギルドホール音楽演劇学校に進んだ。2年間の兵役の代わりにスコットランド衛兵隊に勤務しながら学業を続け、21歳の時にフランス政府の奨学金を得てパリに留学、フェルナン・カラジェとジャン=ピエール・ランパルに師事した。

帰国後、BBCノーザン管弦楽団(現在のBBCフィルハーモニー管弦楽団)の初代首席フルート奏者に就任。その後、マルセル・モイーズに学び、サドラーズ・ウェルズ・オペラ管弦楽団、ロンドン交響楽団、イギリス室内管弦楽団、アカデミー室内管弦楽団の首席奏者を歴任した。多彩な音色、深みのある表現でフルートという楽器の新たな可能性を広げ、フルート界の第一人者としての評価を確立した。

後進の指導にも熱心で、1980年代にはドイツのフライブルク音楽大学でフルート科の教授を務め、その後、ロンドンの王立音楽院や世界各地のマスタークラス、35年を超える国際フルート・サマースクールなどで指導に当たった。1995年にはそれまでの功績で大英帝国勲章4等勲爵士(OBE)に叙せられている。

写真:williambennettflute.com


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  2. ブカレスト発 〓 国立歌劇場のスタッフが新型コロナウイルスに感染、当面の公演をキャンセル

  3. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管弦楽団の次期首席指揮者にアントニー・ヘルムス

  4. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが再開場祝うガラ・コンサート

  5. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  6. ルクセンブルク発 〓 ルクセンブルク市立大劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第8週のラインナップを発表

  8. ロンドン発 〓 指揮者のサカリ・オラモがBBC響との契約を延長

  9. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ハイデルベルク発 〓 ピアニストのイゴール・レヴィットが「ハイデルベルクの春」音楽祭の共同芸術監督に就任

  11. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  12. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが夏の公演を断念、新型コロナウイルスの感染拡大で

  13. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  14. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラの次期音楽監督にポーランドの指揮者マルタ・ガルドリンスカ

  15. パレルモ発 〓 マッシモ劇場が新制作のベッリーニ《海賊》をストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。