ロンドン発 〓 ヤクブ・フルシャ、ロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督に

2022/10/18
【最終更新日】2022/10/19

英国のロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)が次期音楽監督にチェコの指揮者ヤクブ・フルシャ(Jakub Hrůša)を迎えると発表した。2002年からその任にあり、2023/2024シーズンをもって退任するアントニオ・パッパーノの後任。今シーズンから音楽監督代理に就任し、2025/2026シーズンから第7代音楽監督としての任期をスタートさせる。

フルシャは1981年、チェコ・ブルノ生まれの41歳。プラハ音楽院でイルジー・ビエロフラーヴェク、ラドミル・エリシュカらに指揮を学び、2008年からビエロフラーヴェクの後を継いでプラハ・フィルハーモニアの音楽監督兼首席指揮者に就任。2010年には音楽祭「プラハの春」のオープニング・コンサートの指揮者を最年少で務めた。

その後、2016年にはドイツのバンベルグ交響楽団の首席指揮者に就任。契約延長を重ね、任期は2026年まである。加えて、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団とイタリアの国立サンタ・チェチーリア音楽院管弦楽団の首席客演指揮者を兼務。また、日本では、2010年から2017年にかけて、東京都交響楽団の首席客演指揮者も務めている。

ロイヤル・オペラ・ハウスでは過去、ビゼー《カルメン》、ワーグナー《ローエングリン》を指揮しており、今後はプッチーニ、プロコフィエフ、ブリテン、ヤナーチェクの作品を指揮する予定。また、2027/2028シーズンには、バリー・コスキーの演出で新制作されるワーグナー《ニーベルングの指環》の指揮を任されている。

一方、退任するパッパーノは在任22年となり、歴代最長の在任となる。2024/2025シーズンからは、サイモン・ラトルの後任としてロンドン交響楽団の首席指揮者に就任することが決まっている。音楽監督が空席となる2024/2025シーズンは、フルシャとパッパーノが特別客演指揮者としてその職務を分担するという。

写真:Dvořákova Praha / Česká filharmonie


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  2. バルセロナ発 〓 指揮者のジョセップ・ポンスがリセウ大劇場との契約を延長

  3. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場の音楽総監督にヴァシリス・クリストプロス

  4. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  5. プラハ発 〓 チェコの国民劇場が新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をライブ・ストリーミング

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、《フィガロの結婚》と《カルメン》上演延期を発表

  7. ニューヨーク発 〓 テノールのステファン・グールドが健康上の理由で引退を表明

  8. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  9. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  10. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが新しいリサイタル・シリーズを無料でストリーミング配信

  11. ベルリン発 〓 ペトレンコが足の怪我を押して、ベルリン・フィルのシーズン開幕コンサートを指揮

  12. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  13. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウス「シネマシーズン2019/20」スケジュール発表

  14. フィラデルフィア発 〓 ピアニストのゲイリー・グラフマンがカーティス音楽院を退任

  15. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。