エディンバラ発 〓 国際フェスティバルが2024年の公演ラインナップを発表

2024/03/13

英国のエディンバラ国際フェスティバル(Edinburgh Internatioanl Festival)が2024年の公演ラインナップを発表した。昨年はオペラの上演がなかったが、2024年はビゼー《カルメン》とモーツァルト《フィガロの結婚》が舞台上演され、モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》とリヒャルト・シュトラウス《カプリッチョ》、ストラヴィンスキー《エディプス王》がコンサート形式で上演される。

発表によると、《カルメン》はパリのオペラ・コミックの、《フィガロの結婚》はベルリンのコーミッシェ・オーパーのプロダクションが上演される。《カルメン》はアンドレア・ホモキが演出を手掛けたプロダクションで、ルイ・ラングレーがスコットランド室内管弦楽団を指揮、ガエル・アルケスがカルメンを歌う。《フィガロの結婚》はキリル・セレブレンニコフが演出を手掛け、ジェームズ・ガフィガンがコーミッシェ・オーパー管弦楽団を指揮する。

また、《コジ・ファン・トゥッテ》はマクシム・エメリャニチェフがスコットランド室内管弦楽団を指揮。フィオルディリージ役にゴルダ・シュルツ、ドン・アルフォンソ役にクリストファー・モルトマンという布陣。また、《カプリッチョ》はアンドリュー・デイヴィスがフィルハーモニア管弦楽団を指揮、マリン・ビストレム、サラ・コノリーらが出演する。

一方、《エディプス王》はスコットランド王立博物館での上演。スコティッシュ・オペラによる上演で、スコットランド中部から集められた100人のコミュニティ・コーラスが出演する。また、「マタイ受難曲」はライアン・ウィッグルスワースがBBCスコティッシュ交響楽団を指揮する。

写真:Edinburgh Internatioanl Festival


  もっと詳しく ▷

  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  2. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」のノミネート録音を発表、10日から投票始まる

  3. ブレゲンツ音楽祭 〓 2024年と2025年のオペラはウェーバー《魔弾の射手》

  4. マンチェスター発 〓 空席だったBBCフィルハーモニックの首席指揮者にヨン・ストルゴールズ

  5. 訃報 〓 ケネス・ウーラム(83)英国のテノール歌手

  6. ロンドン発 〓 ピアノのマレイ・ペライアが復帰、旧知のアカデミー室内管と共演

  7. 訃報 〓 ジョーゼフ・ホロヴィッツ(95)英国の作曲家

  8. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  9. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルが2024年の公演ラインナップを発表

  10. ロンドン発 〓 ピアニストの内田光子に「ウィグモア・ホール・メダル」

  11. クーパースタウン発 〓 グリマーグラス・フェスティバル、夏の音楽祭に向けて屋外ステージを建設

  12. ラ・コート=サンタンドレ発 〓 指揮者のガーディナーが公演に出演した歌手に暴行、謝罪

  13. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 音楽祭の「ポートレート・アーティスト」エレーヌ・グリモーが旅行制限で出演出来ず

  14. ロンドン発 〓 作曲家の久石譲がロイヤル・フィルの「コンポーザー・イン・アソシエーション」に

  15. ペーザロ発 〓 イタリアのロッシーニ・オペラ・フェスティバルが《ランスへの旅》をライブ・ストリーミング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。