ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

2021/03/31

英国のロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)が音楽監督を務める指揮者のアントニオ・パッパーノ(Antonio Pappano)との契約を延長したと発表した。その中で、パッパーノとの契約が2023/2024シーズンが最後になると説明、その理由がロンドン交響楽団の首席指揮者指定者になるためとしており、パッパーノの去就が明らかになった格好。

ロンドン交響楽団は、首席指揮者のサイモン・ラトル(Simon Rattle)が2022/2023シーズンを最後に退任、2023/2024からドイツ・ミュンヘンのバイエルン放送交響楽団の首席指揮者に就任することが決まっており、首席指揮者のポストが空席になる。パッパーノは両親がイタリア系の61歳。ロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督は2002/2003シーズンから務めている。

写真:Royal Opera House


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 カルダー四重奏団のメンバーが交代

  2. ロンドン発 〓 ヴァシリー・ペトレンコがロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に

  3. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  4. ワシントン発 〓 ヴァイオリニストの五嶋みどりにケネディ・センター名誉賞

  5. ロンドン発 〓 エンシェント室内管の音楽監督にローレンス・カミングス

  6. 訃報 〓 ジェームズ・レヴァイン, 米国の指揮者

  7. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  8. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  9. ザルツブルク発 〓 ドミンゴに「オーストリア音楽劇場賞」功績賞

  10. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  11. ロンドン発 〓 「グラモフォン・アワード2019」の年間賞など発表

  12. モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団との契約を延長

  13. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  14. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  15. ニューヨーク発 〓 全米は3月いっぱい公演キャンセル、アンドレ・リュウもツアー中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。