ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」のノミネート録音を発表、10日から投票始まる

2022/06/15

英国のクラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード=Gramophone Classical Music Awards」をめぐり、「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされたオーケストラを発表した。

賞は1977年の創設で、クラシック音楽界で最も権威のある賞の一つ。さまざまな部門があり、前年1年の録音を対象に「グラモフォン」誌の批評家、放送局や音楽業界のさまざまなメンバーが選考委員を務めている。

その中で唯一、読者のオンライン投票で決定されるのが「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」。ノミネート録音は以下の通りで、投票は6月10日から9月7日にかけて行われる。

 バイエルン州立歌劇場管弦楽団/マーラー:交響曲第7番/キリル・ペトレンコ指揮
 ブタペスト祝祭管弦楽団/ブラームス:交響曲第3番/イヴァン・フィッシャー指揮
 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団/マーラー:交響曲4番/セミヨン・ビシュコフ指揮
 ハレ管弦楽団/ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第9番/マーク・エルダー指揮
 レ・シエクル/ラヴェル:ピアノ協奏曲他/フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮
 マーラー・チェンバー・オーケストラ/モーツァルト:ピアノ協奏曲20番他/レイフ・オヴェ・アンスネス指揮
 オスロ・フィルハーモニー管弦楽団/シベリウス交響曲全集/クラウス・マケラ指揮
 ピッツバーグ交響楽団/ブラームス:交響曲第4番/マンフレート・ホーネック指揮
 シンフォニア・オブ・ロンドン/ラヴェル管弦楽曲集/ジョン・ウィルソン指揮
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ブルックナー:交響曲第4番/クリスティアン・ティーレマン指揮

写真:Oslo Filharmonien / Rune Bendiksen


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  2. オスロ発 〓 ノルウェーの「ソニヤ王妃国際声楽コンクール」がロシア、ベラルーシからの参加認めず

  3. 東京発 〓 NHK交響楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  5. ウィーン発 〓 ウィーン響の首席指揮者にペトル・ポペルカ、アンドレス・オロスコ=エストラーダの後任

  6. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールが開催延期を発表

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが無料の“出前コンサート”

  8. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ響の音楽監督に

  9. ロンドン発 〓 指揮者のラトルが新型コロナに感染、ロンドン響の指揮をキャンセル

  10. 東京発 〓 新国立劇場も閉鎖

  11. 訃報 〓 ハンス・ノイエンフェルス(80)ドイツの演出家

  12. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  13. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  14. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  15. トゥーロン発 〓 トゥーロン歌劇場の音楽監督にヴィクトリアン・ヴァノステン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。