バイロイト音楽祭 〓 新作《ローエングリン》をライブ・ストリーミングで配信

2018/07/19

バイロイト音楽祭の《ローエングリン》がライブ・ストリーミングで配信されることになった。ストリーミングを行うのは「BR-KLASSIK」で、公演初日7月25日の16:00-23:00(日本時間23:00-6:00)の予定。《ローエングリン》は今年の音楽祭の唯一のプレミエ(新演出上演)で、ロベルト・アラーニャが初めてワーグナーの主役を歌ってバイロイト・デビューすることが決まり、一方でアンナ・ネトレプコがエルザ役で出演、デビューという噂もあり、話題沸騰。結局、アラーニャが直前に降板してピョートル・ベチャワが代役に立ち、ネトレプコの出演も噂に終わった。音楽祭では2011年から、ネズミ姿の出演者がたくさん登場して「ラット・プロダクション」と揶揄されたハンス・ノイエンフェルスの演出によるプロダクションを上演。新演出を手掛けるのはユーヴァル・シャロン。指揮はクリスティアン・ティーレマン。エルザ役にアニア・ハルテロス、オルトルート役にヴァルトラウト・マイヤーといった歌手が出演する。

写真:bayreuther-festspiele

    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  2. ヴェルビエ音楽祭 〓 2019年の音楽祭のプログラムを発表

  3. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. グラフェネッグ音楽祭 〓 2019年の概要を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。