ストックホルム発 〓 エサ=ペッカ・サロネンが2024年の「ポーラー音楽賞」を受賞

2024/03/13

2024年の「ポーラー音楽賞=Polar Music Prize」がフィンランドの指揮者で作曲家のエサ=ペッカ・サロネンと、米国の音楽プロデューサー・ミュージシャンのナイル・ロジャースに授与されることが決まった。授賞式は5月21日にストックホルムで行われる。音楽界のノーベル賞とされ、100万スウェーデンクローナ(約1,440万7,769円)が授与される。

音楽賞は1989年、スウェーデンの人気グループ「ABBA」のマネージャー、作詞家を務め、音楽出版社を経営するスティグ・アンダーソン(Stig Anderson)によって設立された。スウェーデン王立音楽アカデミーが賞を管理し、審査員を任命。1992年から毎年、クラシック・アーティストとポップスのミュージシャンに授与されている。クラシック音楽分野では昨年、作曲家のアルヴォ・ペルトが受賞している。

サロネンはヘルシンキ生まれの65歳。シベリウス音楽院で、ホルンと作曲を学び、同級生の作曲家マグヌス・リンドベルイやカイヤ・サーリアホと実験音楽合奏団「トイミー」を結成。その後、フランコ・ドナトーニとニコロ・カスティリオーニのもとで研鑽を積み、作曲家としての活動をスタートさせた。

指揮活動をスタートさせたのは1983年、急きょマイケル・ティルソン・トーマスの代役としてロンドンのフィルハーモニア管弦楽団の指揮台に立ったのがきっかけ。以後、スウェーデン放送交響楽団の首席指揮者、ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督、フィルハーモニア管の首席指揮者を歴任。2020/2021シーズンからはサンフランシスコ交響楽団の第12代音楽監督を務めている。

選考委員会は受賞理由を「サロネンの芸術的好奇心、創造性、作曲と指揮に対する先進的なアプローチは、クラシック音楽への新しい道を開くものである。彼は音色の達人であり、音と感情のバランスを完璧にとり、聴く人の心に深く響く音楽を生み出している」としている。

写真:Chicago Symphony Orchestra / Todd Rosenberg


関連記事

  1. ポートランド発 〓 オレゴン響も楽団員と指揮者全員をレイオフ

  2. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  3. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管の第8代首席指揮者にクラウス・マケラ

  4. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  5. マールボロ発 〓 マールボロ音楽祭が開催を断念

  6. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  7. バルセロナ発 〓 ジュゼップ・ポンス、リセウ大劇場の首席指揮者を2026年で退任

  8. ザールブリュッケン発 〓 ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルの首席指揮者にジュゼップ・ポンス

  9. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  10. カルガリー発 〓 第10回「ホーネンス国際ピアノ・コンクール」の覇者はウクライナ出身のイリヤ・オフチャレンコ

  11. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラの首席客演指揮者にスペランツァ・スカップッチ

  12. ミラノ発 〓 スカラ座のコンサート、ハーディングの代役になんと、バレンボイム

  13. 東京発 〓 原田慶太楼が東響の正指揮者に

  14. ベルリン発 〓 バレンボイムが19日に現場復帰

  15. ハーグ発 〓 レジデンティ管が次期首席指揮者に準・メルクル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。