ロンドン発 〓 英国のロイヤル・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/06/02

英国のロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。開幕を飾るのは新制作の《リゴレット》。

9月13日 – 2022年3月12日
ヴェルディ《リゴレット》 = 新制作
[指揮]アントニオ・パッパーノ / ステファノ・ モンタナーリ / ポール・ウィン・グリフィス
[演出]オリバー・ミアーズ
 リゴレット:カルロス・アルバレス / ルカ・サルシ
 ジルダ:リセッテ・オロペサ / ローザ・フェオーラ
 マントヴァ公爵:リパリト・アヴェティスヤン / ハヴィエル・カマレナ

9月15日 – 10月7日
モーツァルト《魔笛》
[指揮]ハルトムート・ヘンヒェン / リチャード・ヘザーリントン
[演出]デイヴィッド・マクヴィカー
 タミーノ:ダニエル・ベーレ / ベルナール・リヒター
 パミーナ:サロメ・ジーチャ / クリスティーナ・ガンシュ
 夜の女王:ブレンダ・ラエ / キャスリン・ルイック
 ザラストロ:クシシュトフ・ボウチェック / ジェイムズ・プラット
 パパゲーノ:フー・モンタギュー・レンドール / ペーター・ケルナー

9月28日 – 10月12日
ヤナーチェク《イェヌーファ》
[指揮]ヘンリク・ナナシ
[演出]クラウス・グート
 イェヌーファ:アスミク・グリゴリアン
 コステルニチカ:カリタ・マッティラ
 ラツァ・クレメニュ:ニッキー・スペンス
 シュテヴァ・ブリヤ:アンドリュー・ステープルズ
 ブリヤ家の女主人:エーレナ・ジーリオ

10月27日 – 2022年4月18日
ヴェルディ《椿姫》
[指揮]ジャコモ・サグリパンティ / レナート・バルサドンナ / アントネッロ・マナコルダ / ポール・ウィン・グリフィス
[演出]リチャード・エアー
 ヴィオレッタ・ヴァレリー:リセッテ・オロペサ / エカテリーナ・バカノワ / アヌシュ・ホヴァネシヤン / プリティ・イェンデ / エンジェル・ブルー / フラチュヒ・バセンツ
 アルフレード・ジェルモン:リパリト・アヴェティスヤン / フレデリック・アントゥーン / ドミートリー・ポポフ / スティーヴン・ コステロ
 ジョルジョ・ジェルモン:ウラディーミル・ストヤノフ / クリストフ・ポール / ディミトリ・プラタニアス / クリスティアン・ゲルハーヘル

11月16日 – 11月30日
ヴェルディ《マクベス》
[指揮]ダニエレ・ルスティオーニ
[演出]フィリダ・ロイド
 マクベス:サイモン・キーンリサイド
 マクベス夫人:アンナ・ピロッツィ
 バンクォー:ギュンター・グロイスベック
 マクダフ:デイヴィッド・ジョンフン・キム
 マルコム:エゴール・ジュラフスキー

12月5日 – 2022年2月22日
プッチーニ《トスカ》
[指揮]フランチェスコ・イヴァン・チャンパ / オクサーナ・リーニフ / マルコ・アルミリアート
[演出]ジョナサン・ケント
 トスカ:エレナ・スティッキナ / アンナ・ピロッツィ / アンジェラ・ゲオルギュー
 カヴァラドッシ:ステファン・ポップ / ブライアン・イーメル / フレディ・デ・トマーゾ
 スカルピア:ミヒャエル・ヴォッレ / アレクセイ・マルコフ / クラウディオ・スグーラ

12月20日 – 2022年1月23日
ヴェルディ《ナブッコ》
[指揮]ダニエル・オーレン
[演出]ダニエル・アバド
 ナブッコ:アマルトゥブシン・エンクバット
 アビガイッレ:リュドミラ・モナスティルスカ / アンナ・ネトレプコ
 ザッカーリア:アレキサンダー・ヴィノグラードフ
 フェネーナ:ヴァシリーサ・ベルザンスカヤ
 イズマエーレ:ナジミディン・マヴリャーノフ

1月9日 – 2022年1月27日
モーツァルト《フィガロの結婚》
[指揮]アントニオ・パッパーノ / クリストファー・ウィリス
[演出]デイヴィッド・マクヴィカー
 フィガロ:リッカルド・ファッシ
 スザンナ:ジューリア・セメンツァート
 アルマヴィーヴァ伯爵:ダヴィデ・ルチアーノ
 アルマヴィーヴァ伯爵夫人:フェデリカ・ロンバルディ
 ケルビーノ:ハンナ・ヒップ
 ドン・バジリオ:グレゴリー・ボンファッティ
 マルチェリーナ:モニカ・ バチェッリ
 ドン・ バルトロ:ジャンルカ・ブラット

2022年1月31日 – 2月16日
ヘンデル《テオドーラ》= 新制作
[指揮]ハリー・ビケット
[演出]ケイティ・ミッチェル
 テオドーラ:ジュリア・ブロック
 アイリーン:ジョイス・ディドナート
 ディディムス:ヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ
 セプティミウス:エド・ライオン
 ヴァレンス:ギュラ・オレント

2月4日 – 2月12日
ヴィヴァルディ《バヤゼット》 = 新制作
[指揮]ピーター・ウィーラン
[演出]アデーレ・トーマス
 バヤゼット:ジャンルカ・マルゲーリ
 タメルラーノ:ジェイムズ・レイン
 アステリア:ニーヴ・オサリヴァン
 アンドローニコ:エリック・ジュレナス
 イレーネ:レイチェル・ケリー
 イダスペ:イーファ・ミスケリー

3月17日 – 3月31日
ブリテン《ピーター・グライムズ》
[指揮]マーク・エルダー
[演出]デボラ・ワーナー
 ピーター・グライムズ:アラン・クレイトン
 エレン・オーフォード:マリア・ベンクトソン
 バルストロード船長:ブリン・ターフェル
 スワロー:ジョン・トムリンソン
 アーンティ:キャサリン・ウィン=ロジャース
 セドリー夫人:ロジー・オールドリッジ

4月19日 – 5月14日
ワーグナー《ローエングリン》
[指揮]ヤクブ・フルシャ
[演出]デヴィッド・オールデン
 ローエングリン:ブランドン・ジョヴァノヴィッチ
 エルザ・フォン・ブラバント:ジェニファー・デイヴィス
 オルトルート:アンナ・スミルノワ
 フリードリヒ・フォン・テルラムント伯爵:コスタス・スモリギナス
 ハインリヒ・デア・フォーグラー:ガボール・ブレッツ

5月3日 – 5月20日
ドニゼッティ《ドン・パスクワーレ》
[指揮]ジャコモ・サグリパンティ
[演出]ダミアーノ・ミケレット
 ドン・パスクワーレ:イルデブランド・ダルカンジェロ
 ノリーナ:プリティ・イェンデ
 エルネスト:ハビエル・アンドゥアーガ
 マラテスタ:アンジェイ・フィロンチク

5月12日 – 5月28日
ストラヴィンスキー《マヴラ》
[指揮]マイケル・パパドプーロス
 パラシャ:April Koyejo-Audiger
 マブラ:エゴール・ジュラフスキー
 母親:クセニア・ニコラーエワ
シェーンベルク《月に憑かれたピエロ》
[指揮]マイケル・パパドプーロス
 声:アレクサンドラ・レーヴェ

5月26日 – 6月19日
サン=サーンス《サムソンとデリラ》 = 新制作
[指揮]アントニオ・パッパーノ
[演出]リチャード・ジョーンズ
 サムソン:ニッキー・スペンス
 デリラ:エリーナ・ガランチャ
 ダゴンの大祭司:ルカシュ・ゴリンスキー

6月14日 – 7月6日
プッチーニ《蝶々夫人》
[指揮]ダン・エッティンガー
[演出]パトリス・コリエ & モーシェ・ライザー
 蝶々さん:リアンナ・ハルトゥニアン
 ピンカートン:ジャンルーカ・テッラノーヴァ / フレディ・デ・トマーゾ
 シャープレス:ルーカス・ミーチャム / ジュラ・ナジ
 スズキ:クセニア・ニコラーエワ

6月23日
Tom Coult《Violet》
[指揮]アンドリュー・グーレイ
[演出]ジュード・クリスティアン
 ヴァイオレット:エリザベス・アサートン
 ローラ:フランシス・グレゴリー
 フェリックス:エリオット・カールトン・ハインズ

6月25日 – 7月9日
モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》
[指揮]ジュリア・ジョーンズ
[演出]ジャン・フィリップ・グロガー
 フィオルディリージ:ジェニファー・デイヴィス
 ドラベッラ:ジュリー・ブーリアンヌ
 フェランド:ボグダン・ヴォルコフ
 グリエルモ:ゴードン・ビントナー
 デスピーナ:セレーナ・ガンベローニ
 ドン・アルフォンソ:ルチオ・ガッロ

7月5日 – 7月20日
マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》
[指揮]アントニオ・パッパーノ
[演出]ダミアーノ・ミケレット
 トゥリッドゥ:ヨナス・カウフマン
 サントゥッツァ:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ
レオンカヴァッロ《道化師》
[指揮]アントニオ・パッパーノ
[演出]ダミアーノ・ミケレット
 カニオ:ヨナス・カウフマン
 ネッダ:エルモネラ・ヤオ

7月6日 – 7月11日
Laura Bowler and Laura Lomas 《The Blue Woman》
[演出]ケイティ・ミッチェル

7月12日 – 7月24日
ヴェルディ《オテロ》
[指揮]ダニエレ・ルスティオーニ
[演出]キース・ウォーナー
 オテロ:ラッセル・トーマス
 デズデモーナ:フラチュヒ・バセンツ
 イアーゴIago:クリストファー・モルトマン
 エミーリア:クセニア・ニコラーエワ

7月19日 – 7月22日
ヴェルディ《アッティラ》= コンサート形式
[指揮]スペランツァ・スカップッチ
 アッティラ:イルダル・アブドラザコフ
 オダベッラ:ソンドラ・ラドヴァノフスキー
 エツィオ:サイモン・キーンリサイド
 フォレスト:ジョセフ・カレヤ

写真:Royal Opera House


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 アンドレア・ギオー, フランスのソプラノ歌手

  2. マドリード発 〓 テアトロ・レアルが5月のボリショイ・バレエ団の公演をキャンセル

  3. ロッテルダム発 〓 音楽界でウクライナへの連帯表明広がる、ロッテルダム・フィル、バーデン=バーデン音楽祭もゲルギエフにプーチン大統領との決別を要求

  4. 訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

  5. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールが第16回の出場者30人を発表

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

  8. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  9. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  10. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールがハレルを偲ぶオンライン演奏会

  11. 訃報 〓 ハロルド・バッド, 米国の作曲家・ピアニスト

  12. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2019/2020シーズンの残りの公演をすべてキャンセル

  13. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム, イギリスのギタリスト

  14. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  15. ボン発 〓 ディルク・カフタン指揮のボン・ベートーヴェン管がベートーヴェンの交響曲第10番を世界初演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。