ロンドン発 〓 指揮者のウラディーミル・ユロフスキが大英帝国勲章ナイト・コマンダー章を受章

2024/02/29

ロシア出身の指揮者ウラディーミル・ユロフスキ(Vladimir Jurowski)にこのほど、大英帝国勲章ナイト・コマンダー章(KBE)が贈られた。20年を超える英国での活動が評価されたもので、KBEは5段階ある中の、上から2番目。

2001年から2013年までグラインドボーン・フェスティバル・オペラの音楽監督を務め、2007年から2021年までロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めた。

ユロフスキは1972年、モスクワ生まれの51歳。祖父が作曲家、父が指揮者という家庭で育ち、18歳でドイツに移住した。現在はベルリン放送交響楽団の首席指揮者(2017-)、バイエルン州立オペラの音楽監督(2021-)を務めている。

写真:Rundfunk-Sinfonieorchesters Berlin


関連記事

  1. セビリア発 〓 セビリア王立交響楽団の次期芸術監督にマルク・スーストロ

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  3. ヒューストン発 〓 ヒューストン交響楽団の次期音楽監督にスロヴァキアの指揮者ユライ・ヴァルチュハ

  4. リスボン発 〓 グルベキアン管の音楽監督にハンヌ・リントゥ、ロレンツォ・ヴィオッティの後任

  5. ウィーン発 〓 オーストリア政府がロックダウンを24日まで延長

  6. ニューアーク発 〓 ニュージャージー響が音楽監督シャン・ジャンとの契約を延長

  7. ボーンマス発 〓 指揮者のキリル・カラビッツが来夏でボーンマス響の首席指揮者を退任

  8. クリーブランド発 〓 オーストリアの実業家がマーラーの交響曲第2番《復活》の自筆譜をクリーブランド管に寄贈

  9. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響の次期首席指揮者に山田和樹、アーティスティック・アドバイザーも兼任

  10. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  11. ロンドン発 〓 「グラモフォン・アワード2019」の年間賞など発表

  12. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ウィーン発 〓 指揮者のティーレマンが国立歌劇場の名誉団員に

  14. アムステルダム発 〓 指揮者のエド・デ・ワールトが引退を発表

  15. ブタペスト発 〓 第3回「バルトーク国際コンクール」で、日本のクァルテット・インテグラが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。