ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

2020/07/08

ミラノ・スカラ座(Teatro alla Scala)が6日、バリトンのシモーネ・ピアッツォーラ、ピアノのベアトリーチェ・ラナ、チェロのミシャ・マイスキーによるコンサートで再開場した。

スカラ座が聴衆を入れての演奏会を行うのは133日ぶりという。リサイタルはイタリア政府の規制に従って、聴衆間の距離を取ったスタイルで行われるため、聴衆は603人だった。

その日の未明、映画音楽巨匠エンニオ・モリコーネが亡くなったが、ラナとマイスキーは彼へのオマージュとして、「ニュー・シネマ・パラダイス」の愛のテーマをアンコールに演奏した。

スカラ座は9月からオペラ上演を開始する予定で、旧作の《椿姫》、《アイーダ》、《ラ・ボエーム》の3作品を上演して12月7日の2020/2021シーズンの開幕までを繋ぐ方針。指揮はシャイーとズービン・メータが分担するとアナウンスされている。

また、本格稼働前にコロナ禍の犠牲者に捧げる演奏会をドゥオモ(ミラノ大聖堂)とベルガモ、ブレシアで行うことを発表している。リッカルド・シャイーの指揮でヴェルディのレクイエムを演奏する。

さらにそれに続いて、医療関係者への感謝を捧げるスカラ座での演奏会を行う。シャイーの指揮でベートーヴェンの「第九」を演奏する予定。

写真:Teatro alla Scala


関連記事

  1. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  2. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  3. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  5. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  6. 訃報 〓 レオン・フライシャー, 米国のピアニスト

  7. 訃報 〓 クシシュトフ・ペンデレツキ, ポーランドの作曲家

  8. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  9. 訃報 〓 ケネス・ギルバート, カナダ出身のチェンバロ奏者

  10. ミュンヘン発 〓 BR-KLASSIKが話題のドキュメンタリーを再掲載、ネトレプコ、ビリャソンの《椿姫》の舞台裏

  11. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  12. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  13. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  14. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭がこの夏のラインナップを発表

  15. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。