マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

2020/05/02

テノール歌手のフランシスコ・アライサ(Francisco Araiza)がスペイン・マドリッドにあるソフィア王妃高等音楽院(Escuela Superior de Música Reina Sofía)の声楽研究部門のトップに就任することになった。任期は2020年秋から一年間。過去にアルフレード・クラウス、テレサ・ベルガンサ、トム・クラウスなどが務めている。

アライサは1950年、メキシコシティ生まれの69歳。メキシコ国立音楽院で学び、1970年に地元の歌劇場でモーツァルト《魔笛》のタミーノ役でオペラ・デビューを飾っている。その後、ヨーロッパに活動の拠点を移し、1974年からドイツのカールスルーエ歌劇場、1977年からはチューリヒ歌劇場に所属した。

1980年、巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤンに抜擢されてザルツブルク音楽祭に出演。その後、世界的な著名な歌劇場に次々にデビューした。1988年にはウィーン国立歌劇場から「宮廷歌手」の称号を贈られている。

明るく甘美な歌声、端正な容姿を武器にモーツァルトやロッシーニのレパートリーで高い評価を集め、その後、ヴェルディやワーグナーといった重厚な役にレパートリーを広げていった。

写真:Francisco Araiza







関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 ハンガリーのガボール・カリ、第9回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝

  2. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  3. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが年内の公演をキャンセル

  4. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  5. パリ発 〓 11月開催のロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールが早くも中止を決定

  6. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  7. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  8. 訃報 〓 バリー・タックウェル, オーストラリアのホルン奏者

  9. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  10. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  11. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新製作の《サロメ》をライブ・ストリーミング

  12. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の舞台映像が初めて日本の映画館のスクリーンに

  13. ハノーファー発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にステファン・ジリアス

  14. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  15. 訃報 〓 オシアン・グウィン・エリス, 英国のハーピスト

    • ポルンガ

    アライサの近況が聞けて嬉しいです!それにしても、アライサに教えて貰える生徒は幸せだなぁ。こんなに感動を与えてくれた歌手は他にいないです。彼のタミーノを観なければ、オペラには一生興味を持てなかったと思います。
    オペラ歌手の近況やインタビューなどを日本でも放送してもらいたいものです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。