マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

2020/05/02

テノール歌手のフランシスコ・アライサ(Francisco Araiza)がスペイン・マドリッドにあるソフィア王妃高等音楽院(Escuela Superior de Música Reina Sofía)の声楽研究部門のトップに就任することになった。任期は2020年秋から一年間。過去にアルフレード・クラウス、テレサ・ベルガンサ、トム・クラウスなどが務めている。

アライサは1950年、メキシコシティ生まれの69歳。メキシコ国立音楽院で学び、1970年に地元の歌劇場でモーツァルト《魔笛》のタミーノ役でオペラ・デビューを飾っている。その後、ヨーロッパに活動の拠点を移し、1974年からドイツのカールスルーエ歌劇場、1977年からはチューリヒ歌劇場に所属した。

1980年、巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤンに抜擢されてザルツブルク音楽祭に出演。その後、世界的な著名な歌劇場に次々にデビューした。1988年にはウィーン国立歌劇場から「宮廷歌手」の称号を贈られている。

明るく甘美な歌声、端正な容姿を武器にモーツァルトやロッシーニのレパートリーで高い評価を集め、その後、ヴェルディやワーグナーといった重厚な役にレパートリーを広げていった。

写真:Francisco Araiza







関連記事

  1. パリ発 〓 指揮者のドゥダメルにフランス政府の「芸術文化勲章」オフィシエ章

  2. ザルツブルク発 〓 ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  3. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団の「マーラー・フェスティバル」は2023年に仕切り直し

  4. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の舞台映像が初めて日本の映画館のスクリーンに

  5. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第11週、第12週のラインナップ発表

  6. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  7. リスボン発 〓 ピアノのマリア・ジョアン・ピレシュが現場復帰を報告

  8. モンテカルロ発 〓 ネトレプコが約2ヵ月ぶりにオペラの舞台に、4回目の声明でロシアでの出演を否定

  9. ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

  10. 訃報 〓 佐藤しのぶ(61)日本のソプラノ歌手

  11. ストラスブール発 〓 ラン国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  13. パリ発 〓 指揮者のクリスティアン・マチェラルがフランス国立管との契約を延長

  14. 札幌発 〓 札響の次期首席指揮者にエリアス・グランディ

  15. 東京発 〓 新国立劇場がオペラ部門の芸術監督を務める大野和士との契約を延長

    • ポルンガ

    アライサの近況が聞けて嬉しいです!それにしても、アライサに教えて貰える生徒は幸せだなぁ。こんなに感動を与えてくれた歌手は他にいないです。彼のタミーノを観なければ、オペラには一生興味を持てなかったと思います。
    オペラ歌手の近況やインタビューなどを日本でも放送してもらいたいものです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。