ムンバイ発 〓 若手歌手のための「オペラリア」、2024年はインドのムンバイで

2024/01/09

若手歌手のための「オペラリア=Operalia」がこのほど、2024年はインドのムンバイ(かつてのボンベイ)で行うと発表した。国立舞台芸術センターで9月15日から9月21日まで行われる。

「オペラリア」は世界的なオペラ歌手のプラシド・ドミンゴが主宰する若手歌手のためのコンクールで、18歳から32歳までの若者が対象。1993年の創設で、2023年で30周年を迎えている。

過去の受賞者には、リセッテ・オロペサ、ソーニャ・ヨンチェヴァ、アイーダ・ガリフッリーナ、プリティ・イェンデ、リーゼ・ダヴィドセンらがおり、3023年はソプラノ歌手のジュリー・ロゼ(フランス)、バス歌手のステファノ・パク(韓国)が優勝している。

毎年違う都市で行われているのも特徴で、2021年はモスクワのボリショイ劇場、2022年はラトビアの首都リガの国立歌劇場、2023年は南アフリカのケープタウンのアートスケープ劇場センターで行われている。

写真:Operalia


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シアトル発 〓 トマス・ダウスゴーがシアトル響の音楽監督を突然辞任

  2. フィラデルフィア発 〓 ヤニック・ネゼ=セガンがフィラデルフィア管と契約更改、任期を2030年まで延長

  3. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン放送管が首席客演指揮者のパトリック・ハーンとの契約を延長

  4. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチが喉の手術で休養

  5. パリ発 〓 劇場の占拠、フランス全土へ拡大

  6. シカゴ発 〓 シカゴ・リリック・オペラも2020/2021シーズン全体をキャンセル

  7. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、カステルッチの新演出による《ニーベルングの指環》が登場

  8. ハンブルク発 〓 名門ホール「ライスハレ」が使っていないパイプ・オルガンを入れ替え

  9. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  10. ミュンヘン発 〓 ソプラノのディアナ・ダムラウに「ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章」

  11. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ響との契約を延長

  12. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が大規模改修工事で閉館、2024年秋にリーニューアル・オープン

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第2週のストリーミング・ラインナップを発表

  14. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《こうもり》を大晦日にライブ・ストリーミング

  15. リンツ発 〓 マルクス・ポシュナーがブルックナー管の首席指揮者を2026/2027シーズンで退任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。