マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

2020/02/26

世界的オペラ歌手プラシド・ドミンゴ(Placido Domingo)が25日、自らのセクシャル・ハラスメント疑惑について声明を発表し、「(女性たちに)生じさせた苦しみを本当に申し訳なく思っていることを知ってもらいたい。私の行為に関する全責任を負う」と謝罪した。

ドミンゴに対するセクハラ疑惑は昨年8月、女性歌手の告発をもとにした米国のAP通信の報道で表面化。その後も告発は続き、少なくとも20人の女性から無理やりキスをされたり、体を触られたと訴えていた。

ドミンゴは疑惑を否定してきたが、疑惑が報じられると、米国の歌劇場、オーケストラではドミンゴの出演を取り消すところが続出。ドミンゴもロサンゼルス・オペラの総監督を辞任した。また、今年の東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラムの出演も辞退している。

AP通信は25日、歌手らでつくる労組AGMA(The American Guild of Musical Artists)が弁護士に委託した調査結果を報道している。

調査では、ドミンゴがワシントンとロサンゼルスのオペラの監督を務めていた少なくとも約20年にわたり、25人以上が望まない身体的接触や深夜に自宅へ来るよう電話で求めるなどしたと認定しているという。

ドミンゴは現在、79歳。最近はテノールからバリトンに転身し、米国での出演がなくなった後もヨーロッパの歌劇場を中心に活動を続け、新しい役柄に挑戦するなど国際的な活動は続いている。1月末には日本でもコンサートを行っていた。

声明でドミンゴは「(断った女性のキャリアを傷つける)意図は全くなかったが、誰もそのように感じさせられるべきでない」とし「オペラの職場がより安全になることが私の強い願いだ」とも訴えている。

写真:astanaopera.kz

関連記事

  1. ラヴェンナ発 〓 ムーティ、肺炎でダウン

  2. ワシントン発 〓 ケネディー・センターが人気ミュージカル「ハミルトン」の上演を断念

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《ジュディッタ》をストリーミング配信

  4. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが届かない舞台装置を急きょ自作、2021/2022シーズンは予定通りの開幕

  5. 東京発 〓 東京交響楽団のコンサートマスターに小林壱成

  6. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  7. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  8. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  9. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団の元第1ヴァイオリン、ヴィネタ・サレイカ=フォルクナーがベルリン・フィルへ

  10. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  11. マイニンゲン発 〓 州立劇場の次期音楽総監督は初のアルランド人、キリアン・ファレル

  12. 訃報 〓 ルーゼン・グネス, トルコ出身のヴィオラ奏者

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《椿姫》をストリーミング配信

  14. シアトル発 〓 トマス・ダウスゴーがシアトル響の音楽監督を突然辞任

  15. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。