マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

2020/02/26

世界的オペラ歌手プラシド・ドミンゴ(Placido Domingo)が25日、自らのセクシャル・ハラスメント疑惑について声明を発表し、「(女性たちに)生じさせた苦しみを本当に申し訳なく思っていることを知ってもらいたい。私の行為に関する全責任を負う」と謝罪した。

ドミンゴに対するセクハラ疑惑は昨年8月、女性歌手の告発をもとにした米国のAP通信の報道で表面化。その後も告発は続き、少なくとも20人の女性から無理やりキスをされたり、体を触られたと訴えていた。

ドミンゴは疑惑を否定してきたが、疑惑が報じられると、米国の歌劇場、オーケストラではドミンゴの出演を取り消すところが続出。ドミンゴもロサンゼルス・オペラの総監督を辞任した。また、今年の東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラムの出演も辞退している。

AP通信は25日、歌手らでつくる労組AGMA(The American Guild of Musical Artists)が弁護士に委託した調査結果を報道している。

調査では、ドミンゴがワシントンとロサンゼルスのオペラの監督を務めていた少なくとも約20年にわたり、25人以上が望まない身体的接触や深夜に自宅へ来るよう電話で求めるなどしたと認定しているという。

ドミンゴは現在、79歳。最近はテノールからバリトンに転身し、米国での出演がなくなった後もヨーロッパの歌劇場を中心に活動を続け、新しい役柄に挑戦するなど国際的な活動は続いている。1月末には日本でもコンサートを行っていた。

声明でドミンゴは「(断った女性のキャリアを傷つける)意図は全くなかったが、誰もそのように感じさせられるべきでない」とし「オペラの職場がより安全になることが私の強い願いだ」とも訴えている。

写真:astanaopera.kz

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  2. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラがバーミンガム市響を退任

  4. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第5週・4月第1週のストリーミング配信ラインナップを発表

  6. 訃報 〓 ルイ・アンドリーセン, オランダの作曲家

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第10週のラインナップ発表

  8. ニューヨーク発 〓 ズヴェーデンが2023/2024シーズンでニューヨーク・フィルの音楽監督を退任

  9. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが来年年4月までの公演のキャンセルを発表

  10. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラが新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をストリーミング配信

  11. ベルリン発 〓 劇場とホールの閉鎖は4月中旬まで

  12. フライブルク発 〓 2021年の「ドイツ音楽コンクール」の受賞者決まる

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  14. モントルー発 〓 ローザンヌ国際バレエ・コンクールの第1位にイタリアのマルコ・マシャーリ

  15. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。