ウィーン発 〓 ネトレプコが右肩の緊急手術で国立歌劇場への出演をキャンセル。一方で「ポーラー音楽賞」授賞、初めての著作刊行、5年ぶりのソロ・アルバムが登場

2021/10/20
【最終更新日】2021/10/23

ソプラノのアンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)が右肩の緊急手術のため、ウィーン国立歌劇場への出演をキャンセルした。ヴェルディ《ナブッコ》に11月1日、6日、9日、12日に出演する予定だった。それに先立ち、10月24日の楽友協会でのコンサートもキャンセルした。

今回の公演はネトレプコが初めてアビガイッレ役に挑戦することで話題を集めていた。指揮はパオロ・カリニャーニで、アマルトゥブシン・エンクバットもナブッコ役にデビュー、プラシド・ドミンゴ、ロベルト・タリアヴィーニらが出演する。ネトレプコの代役はサイオア・エルナンデス、マリア・ホセ・シーリが務める。

ネトレプコにとってアビガイッレ役は先シーズン、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で歌うはずだったが、新型コロナのパンデミックで公演がキャンセルされていた。12月7日のミラノ・スカラ座の新シーズンの開幕公演、ヴェルディ《マクベス》に出演して現場復帰するという。

ネトレプコは10月18日、「ポーラー音楽賞」を受賞したばかり。賞は1989年、スウェーデンの伝説的なヴォーカル・グループ「アバ」のマネージャーが設立、「音楽のノーベル賞」とも言われる。

また、20日に『私の人生の味ーオペラの最初の本』というタイトルのドイツ語の料理本を出版した。彼女にとって初めての著作で、料理を通して家族と歌、演奏活動などを紹介しているという。11月に入ると、5年振りのソロ・アルバム『闇に抱かれ』もリリースと話題に事欠かない。

写真:Polar Music Prize / Annika Berglund


関連記事

  1. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  2. ボストン発 〓 フェニックス管弦楽団の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  4. 訃報 〓 ルイス・デ・パブロ, スペインの作曲家

  5. 訃報 〓 ハロルド・バッド, 米国の作曲家・ピアニスト

  6. ロサンゼルス発 〓 カルダー四重奏団のメンバーが交代

  7. 大津発 〓 びわ湖ホールが《神々の黄昏》を無観客公演に、同時に無料ストリーミング配信

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第8週のラインナップを発表

  9. ドレスデン発 〓 名指揮者ケンペの遺品が古巣のザクセン州立歌劇場へ

  10. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

  11. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が新制作のジョルダーノ《シベリア》の初日7日の公演をストリーミング配信

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表

  13. カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

  14. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  15. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。