ウィーン発 〓 ネトレプコが右肩の緊急手術で国立歌劇場への出演をキャンセル。一方で「ポーラー音楽賞」授賞、初めての著作刊行、5年ぶりのソロ・アルバムが登場

2021/10/20
【最終更新日】2021/10/23

ソプラノのアンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)が右肩の緊急手術のため、ウィーン国立歌劇場への出演をキャンセルした。ヴェルディ《ナブッコ》に11月1日、6日、9日、12日に出演する予定だった。それに先立ち、10月24日の楽友協会でのコンサートもキャンセルした。

今回の公演はネトレプコが初めてアビガイッレ役に挑戦することで話題を集めていた。指揮はパオロ・カリニャーニで、アマルトゥブシン・エンクバットもナブッコ役にデビュー、プラシド・ドミンゴ、ロベルト・タリアヴィーニらが出演する。ネトレプコの代役はサイオア・エルナンデス、マリア・ホセ・シーリが務める。

ネトレプコにとってアビガイッレ役は先シーズン、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で歌うはずだったが、新型コロナのパンデミックで公演がキャンセルされていた。12月7日のミラノ・スカラ座の新シーズンの開幕公演、ヴェルディ《マクベス》に出演して現場復帰するという。

ネトレプコは10月18日、「ポーラー音楽賞」を受賞したばかり。賞は1989年、スウェーデンの伝説的なヴォーカル・グループ「アバ」のマネージャーが設立、「音楽のノーベル賞」とも言われる。

また、20日に『私の人生の味ーオペラの最初の本』というタイトルのドイツ語の料理本を出版した。彼女にとって初めての著作で、料理を通して家族と歌、演奏活動などを紹介しているという。11月に入ると、5年振りのソロ・アルバム『闇に抱かれ』もリリースと話題に事欠かない。

写真:Polar Music Prize / Annika Berglund


関連記事

  1. ベルリン発 〓 作曲家のジョン・ウィリアムズが指揮者として今度はベルリン・フィルにデビュー

  2. タンペレ発 〓 マシュー・ホールズがフィンランドのタンペレ・フィルの首席指揮者に

  3. 訃報 〓 パトリック・ダヴァン, ベルギーの指揮者

  4. ロンドン発 〓 フェリックス・ミルデンベルガーが「ドナテッラ・フリック指揮者コンクール」で優勝

  5. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  6. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが11月のヨーロッパ・ツアーを中止

  8. ブリュッセル発 〓 ブリュッセル・フィルの首席客演指揮者にイラン・ヴォルコフ

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新しいストリーミング・サービスを開始

  10. ハンブルク発 〓 ドホナーニにハンブルク市から「ブラームス・メダル」

  11. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの次期芸術監督にファン・ディエゴ・フローレス

  12. ペララーダ発 〓 スペインのペララーダ城音楽祭が中止を発表

  13. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  14. 東京発 〓 NHK交響楽団が次期首席指揮者にファビオ・ルイージ

  15. ブリスベーン発 〓 オペラ・オーストラリアが《ニーベルングの指環》の新制作を延期、新型コロナの感染拡大受けて

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。