ベルリン発 〓 ティーレマンがベルリン州立オペラの音楽総監督に、バレンボイムの後任

2023/09/28

ベルリン州立オペラ(Staatsoper Unter den Linden)が音楽総監督にクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)を迎えると発表した。1992年からその任にあり、ドイツ統一後のベルリン州立オペラを牽引してきたダニエル・バレンボイムが今年1月31日で退任して以来、音楽監督のポストは空席になっていた。任期は2024/2025シーズンから5年。

ティーレマンは1959年、当時の西ベルリン生まれの64歳。ベルリン・ドイツ・オペラの音楽監督(1997-2004)、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督(2004–2011)、ドレスデン・シュターツカペレ(ザクセン州立歌劇管弦楽団)の首席指揮者(2012ー)、ザルツブルク復活祭音楽祭の芸術監督(2013ー2022)、バイロイト音楽祭の音楽監督(2015ー2020)を歴任してきた。

バレンボイムとは、ベルリン・ドイツ・オペラやバイロイト音楽祭などでアシスタントを務めたという関係にあり、ベルリン州立オペラでは昨年10月、彼の代役としてドミトリー・チャルニャコフが演出を手掛けた新制作の《ニーベルングの指環》を指揮している。

2024年はティーレマンにとって節目の年。元旦にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤー・コンサートに登場する(2019年に続いて2度目)他、ドレスデン・シュターツカペレの首席指揮者を退任することになっている。

また、ミラノ・スカラ座では、新制作の《ニーベルングの指環》を指揮する予定もある。さらに2024年はブルックナーの生誕200年で、それに向けて2019年から録音してきた交響曲全集が2023年10月に発売される。

写真:Staatsoper Unter den Linden / Jakob Tillmann


関連記事

  1. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  2. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はまたまたネルソンス、クラシック統計ランキングで

  3. アントワープ発 〓 アントワープ響の首席指揮者エリム・チャンが2023/2024シーズンをもって退任

  4. 訃報 〓 ウド・ツィンマーマン(78)作曲家

  5. ベルファスト発 〓 ダニエレ・ルスティオーニが任期満了でアルスター管の首席指揮者を退任

  6. ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表

  7. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  8. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  9. ブレーメン発 〓 ドイツ・カンマーフィルの首席客演指揮者にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  11. パリ発 〓 フランスの週刊風刺新聞が指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトのセクハラ行為を告発

  12. シカゴ発 〓 シカゴ響が来年1月から3月末まで公演をキャンセル

  13. ミラノ発 〓 スカラ座博物館で巨匠演出家フランコ・ゼッフィレッリの回顧展がスタート

  14. ルートヴィヒスブルク音楽祭 〓 開幕延期も、リーニフ指揮の《田園》をライブ・ストリーミング

  15. ロサンゼルス発 〓 第63回「グラミー賞」発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。