パリ発 〓 エマニュエル・クリヴィヌが音楽監督を辞任

2020/05/29

指揮者のエマニュエル・クリヴィヌ(Emmanuel Krivine)がフランス国立管弦楽団の音楽監督を辞任することを発表した。音楽監督は2021/2022シーズンからクリスティアン・マチェラル(Cristian Macelaru)が決まっていた。任期を1シーズン残しての辞任で、個人的な理由としている。

クリヴィヌはグルノーブル生まれの73歳。ヴァイオリンとして活動した後、1981年の交通事故を樹に指揮者に転身。リヨン国立管弦楽団の音楽監督などを経て、2017/2018シーズンからダニエレ・ガッティの後任として音楽監督に就任した。

フランス国立管は1934年、当時のフランス・ラジオ放送専属のオーケストラとしてパリで創設された団体。パリ管弦楽団などと並ぶフランスの代表的なオーケストラの一つとして知られてきたが、1975年からは管理・運営がラジオ・フランスに移管されている。

写真:Radio France / PH. Hurlin


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  2. ポートランド発 〓 オレゴン響も楽団員と指揮者全員をレイオフ

  3. 訃報 〓 ヘルムート・シュテルン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

  4. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  5. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  6. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響が2020年のすべての公演をキャンセル

  7. 訃報 〓 レオン・フライシャー, 米国のピアニスト

  8. トリノ発 〓 王立歌劇場がストリーミング配信、毎日違った作品をアップ

  9. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  10. ロンドン発 〓 レザール・フロリサンが創立40周年ツアー

  11. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  12. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  13. 東京発 〓 来日したエーテボリ響の公演中止、そのまま帰国へ

  14. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  15. 東京発 〓 新国立劇場の無料ストリーミング「巣ごもりシアター」が第2弾のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。