パリ発 〓 エマニュエル・クリヴィヌが音楽監督を辞任

2020/05/29

指揮者のエマニュエル・クリヴィヌ(Emmanuel Krivine)がフランス国立管弦楽団の音楽監督を辞任することを発表した。音楽監督は2021/2022シーズンからクリスティアン・マチェラル(Cristian Macelaru)が決まっていた。任期を1シーズン残しての辞任で、個人的な理由としている。

クリヴィヌはグルノーブル生まれの73歳。ヴァイオリンとして活動した後、1981年の交通事故を樹に指揮者に転身。リヨン国立管弦楽団の音楽監督などを経て、2017/2018シーズンからダニエレ・ガッティの後任として音楽監督に就任した。

フランス国立管は1934年、当時のフランス・ラジオ放送専属のオーケストラとしてパリで創設された団体。パリ管弦楽団などと並ぶフランスの代表的なオーケストラの一つとして知られてきたが、1975年からは管理・運営がラジオ・フランスに移管されている。

写真:Radio France / PH. Hurlin


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. フィラデルフィア発 〓 指揮者のネゼ=セガンがバイデン大統領、ハリス副大統領に公開書簡

  2. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  3. 訃報 〓 アントン・ガルシア・アブリル, スペインの作曲家

  4. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  5. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  6. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  7. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  8. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  10. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  11. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  12. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  13. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  14. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  15. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。