ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

2018/05/03

ケルンWDR交響楽団(旧・ケルン放送交響楽団)が2日、次期首席指揮者にルーマニア出身の米国人指揮者クリスティアン・マチェラル(37)を招くことを決めた。2010年から首席指揮者を務めているユッカ=ペッカ・サラステの後任。任期は2019年から。マチェラルはヴァイオリニストとしてスタート、マイアミ交響楽団の最年少コンサートマスターとして活動、その後、マイアミ大学、ライス大学で学び、タングルウッド音楽祭、アスペン音楽祭で研鑽を積んだ。指揮者デビュー後は全米のさまざまなオーケストラを指揮しており、2014年からはフィラデルフィア管弦楽団の正指揮者。日本でも東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団に客演している。ケルンWDR交響楽団は、ケルン市に本拠を置く西部ドイツ放送(WDR)所属の放送オーケストラ。歴代の首席指揮者には、クリストフ・フォン・ドホナーニ、ズデニェク・マーカル、若杉弘、ガリー・ベルティーニ、ハンス・フォンク、セミヨン・ビシュコフがいる。

写真:Todd Rosenberg / CSO

関連記事

  1. 訃報 〓 フレデリック・L・ヘムケ, 米国のサクソフォン奏者

  2. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2018/2019シーズンのラインアップを発表

  4. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

  5. 訃報 〓 エル・システマの創設者、ホセ・アントニオ・アブレウが死去

  6. サンフランシスコ発 〓 エサ=ペッカ・サロネンはサンフランシスコ響の音楽監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。