マインツ発 〓 2022年の「ロベルト・シューマン賞」はハインツ・ホリガーに

2022/04/27

オーボエ奏者、指揮者、作曲家として活躍してきたハインツ・ホリガー(Heinz Holliger)が「ロベルト・シューマン賞」を受賞した。賞は2年に1度、マインツのシュトレッカー財団が贈っているもの。最近の受賞者にイェルク・ウィドマン、オルガ・ノイヴィルトなどがいる。

ホリガーは1939年、スイス・ランゲンタール生まれの82歳。ベルン音楽院でオーボエと作曲を学んだ後、バーゼル音楽院でピエール・ブーレーズに作曲を師事。さらにパリ高等音楽院にピエール・ピエルロにオーボエを学んだ。

1959年のジュネーヴ国際音楽コンクール、1961年のミュンヘン国際音楽コンクールで優勝。バーゼル響首席奏者を務めた後、ドイツのフライブルク音楽大学教授に就任、後進の指導の傍ら多彩な活動を始める。明るくシャープな音色と傑出した技巧で国際的な活躍を続け、ベリオやヘンツェ、シュトックハウゼン、ペンデレツキら同世代の作曲家から新作を献呈されている。

徐々に作曲活動に軸足を移し、また、指揮活動もスタート。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとする数多くのオーケストラに客演してきた。作曲活動は室内楽からオーケストラまで多彩で、1998年にはオペラ《白雪姫》がチューリッヒ歌劇場で上演されている。

また、アイルランドの作家サミュエル・ベケットやドイツの詩人フリードリヒ・ヘルダーリンの文章の音楽化もライフワークとなっている。選考委員会は彼の作品に対して、「彼の作品は音楽と詩が『プリズムのような多様性の中で互いに問いかけ、挑戦することによって』触れ合っている」と賛辞が贈られている。

写真:Schott


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボストン発 〓 フェニックス管弦楽団の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  2. パリ発 〓 パリ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ハールレム発 〓 北オランダ管の次期首席指揮者のノルウェーのエイヴィン・グルベルグ=イェンセン

  4. チューリッヒ発 〓 ヴァイオリニストのダニエル・ホープがチューリッヒ室内管との契約を延長

  5. エアフルト発 〓 指揮者のアレクサンダー・プライアーが着任したばかりの市立劇場の音楽総監督を退任

  6. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  7. ハンブルク発 〓 ドホナーニにハンブルク市から「ブラームス・メダル」

  8. バイロイト発 〓 来年の音楽祭の《タンホイザー》はアクセル・コーバーが指揮!?

  9. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが5月1日までの公演をキャンセル、4月の公演のキャンセルはドイツでは初めて

  10. ストックホルム発 〓 ロイヤル・ストックホルム・フィルが聴衆なしの3回のコンサートを配信

  11. デュッセルドルフ発 〓 デュッセルドルフ響が首席客演指揮者を務めるアルペシュ・チャウハンとの契約を延長

  12. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  13. シアトル発 〓 トマス・ダウスゴーがシアトル響の音楽監督を突然辞任

  14. サンクト・ペテルブルク発 〓 ネトレプコ、「白夜の星音楽祭」に出演

  15. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールはブラッドフォードで開催

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。