訃報 〓 ヴァイオリンのヴァンダ・ヴィウコミルスカ

2018/05/03
【最終更新日】2018/05/05

ポーランド出身の女流ヴァイオリニスト、ヴァンダ・ヴィウコミルスカが5月1日、89歳で亡くなった。早くからその最奥が期待され、著名な指揮者、オーケストラと共演を重ねた、戦後のヨーロッパを代表するヴァイオリニストの一人だった。また、クシシュトフ・ペンデレツキら現代ポーランドの作曲家の作品の初演を数多く行い、母国の音楽を世界的に広めた功績も大きい。1955年には再建されたワルシャワ・フィルハーモニー協会コンサートホールの落成式で演奏し、1973年には開場したばかりのシドニーのオペラハウスでヴァイオリニストとして初めてリサイタルを開き、1976年には、ロンドンのバービカン・センター音楽ホールの杮落とし公演にも出演している。1982年に西欧での演奏旅行の後、ポーランドへの帰国の拒否して西ドイツに亡命、1983年にハイデルベルク・マンハイム高等音楽学校の学部長に就任した。その後は教育者として活躍し、1999年からはシドニー音楽院、2001年からはメルボルンのオーストラリア国立音楽アカデミーでも教鞭を執っていた他、世界各地のマスタークラスで指導を続け、コンクールの審査員を数多く務めていた。

写真:Jarosław Kubalski / Świętokrzyskich Dni Muzyki

関連記事

  1. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  2. 東京発 〓 読売日本交響楽団が次期常任指揮者にヴァイグレ

  3. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  4. 東京発 〓 第18回「東京国際音楽コンクール」指揮部門で沖澤のどか優勝

  5. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  6. アムステルダム発 〓 北欧ツアーの代役でディーマ・スロボデニュークがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。