ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

2021/01/11

ロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)は11日、音楽監督のサイモン・ラトル(Simon Rattle)との契約を延長したことを明らかにした。ラトルは2017年から音楽監督を務めており、契約延長で任期は2023年まで伸びる。

一方、ミュンヘンを本拠地とするバイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)も11日、首席指揮者にラトルを迎えると発表した。3日に契約したという。任期は2023/2024シーズンから5年。

バイエルン放送響の首席指揮者は2003年からその任にあったマリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)が在職中の2019年に急逝した後、空席になっていた。ラトルはロンドン響の音楽監督を退任後、終身名誉指揮者に就任することも併せて発表されている。

写真:Berliner Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マドリッド発 〓 スペイン政府が非常事態を再度宣言、夜間外出禁止

  2. 東京発 〓 音楽大学「上野学園大学」が来年度から学生の新規募集を停止

  3. ベルリン発 〓 州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  5. バイロイト音楽祭 〓 キャスト交代を発表、《ワルキューレ》のブリュンヒルデはイレーネ・テオリンの代役にキャサリン・フォスターが出演

  6. ホノルル発 〓 ハワイ・オペラ・シアターが2020/2021シーズンの断念を発表

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ソウル発 〓 空席だったKBS交響楽団の首席指揮者にピエタリ・インキネン

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第5週・4月第1週のストリーミング配信ラインナップを発表

  10. ミュンヘン発 〓 2021年の「ゲーテ・メダル」が作曲家の細川俊夫らに

  11. 台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第2週のストリーミング・ラインナップを発表

  13. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  14. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが公開書簡でメトロポリタン歌劇場経営陣に苦言

  15. 高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。