パレルモ発 〓 マッシモ劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2023/07/31

イタリア・シチリア島の州都パレルモにあるマッシモ劇場(Teatro Massimo di Palermo)が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。劇場の音楽監督は2020年から、オメール・メイア・ヴェルバー(Omer Meir Wellber)が務めている。

ベッリーニ《カプレーティとモンテッキ》
11月22日 →
[演出]イダン・コーエン
[指揮]オメール・メイア・ヴェルバー
[出演]マリア・カターエワ / マリーナ・モンツォ / イオアン・ホテア / メルト・スング / マルコ・スポッティ / ガブリエレ・サゴーナ

ヴェルディ《リゴレット》
1月20日 →
[演出]ジョン・タトゥーロ
[指揮]ダニエル・オーレン
[出演]アマルトゥブシン・エンクバット / マルコ・カリーア / イヴァン・アヨン・リーヴァス / イオアン・ホテア / ジュリアナ・ジャンファルドーニ / カテリーナ・サラ / ヴァレリア・ジラルデッロ

プッチーニ《蝶々夫人》
2月16日 →
[演出]ニコラ・ベルロファ
[指揮]未発表
[出演]マリア・アグレスタ / ヴァレリア・セーペ / ジョナサン・テテルマン / イヴァン・マグリ / シモン・メフリンスキ / ロドヴィコ・フィリッポ・ラヴィッツァ / シルビア・ベルトラミ

ビゼー《真珠取り》
4月14日 →
[演出]トマ・ルブラン
[指揮]ガブリエレ・フェッロ
[出演]ディミトリ・コルチャック / フェデリカ・グイーダ / ダヴィデ・ルチアーノ / ウーゴ・グアリアルド

ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》
5月19日 →
[演出]ダニエレ・メンギーニ
[指揮]オメール・メイア・ヴェルバー
[出演]ステファン・グールド / ニーナ・シュテンメ / ヴィオレッタ・ウルマーナ / イレーヌ・ロバーツ / ディミトリ・ベロセルスキー / マキシム・クズミン=カラバエフ / アンドレア・ボンダレンコ

プッチーニ《トゥーランドット》
9月21日 →
[演出]アレッサンドロ・タレヴィ
[指揮]カルロ・ゴルトシュタイン
[出演]Ewa Vesin / ユシフ・エイヴァゾフ / マルティン・ミューレ / ジュリアナ・グリゴリアン / ジェシカ・ヌッチオ / アドルフォ・コッラード

ロッシーニ《イングランドの女王エリザベッタ》
10月22日 →
[演出]ダヴィデ・リヴァモア
[指揮]アントニーノ・フォリアーニ
[出演]ニーノ・マチャイゼ / エネア・スカラ / ルジル・ガティン / サロメ・ジーチャ / ベロニカ・マリーニ / マルティナ・マイスコーリド

写真:Teatro Massimo di Palermo


  もっと詳しく ▷

  劇場をもっと知る ▷


関連記事

  1. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  2. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  3. パリ発 〓 ミッコ・フランクがフランス放送フィルとの契約を延長

  4. シカゴ発 〓 音楽監督の報酬、全米一位はシカゴ交響楽団のムーティ

  5. ラス・パルマス発 〓 グラン・カナリア・フィルが首席指揮者兼芸術監督のカレル・マーク・チチョンとの契約を延長

  6. ケムニッツ発 〓 市立劇場の音楽総監督にベンヤミン・ライナース

  7. ロッテルダム発 〓 音楽界でウクライナへの連帯表明広がる、ロッテルダム・フィル、バーデン=バーデン音楽祭もゲルギエフにプーチン大統領との決別を要求

  8. サンクト・ペテルブルク発 〓 ネトレプコ、「白夜の星音楽祭」に出演

  9. ライプツィヒ発 〓 2024年の「バッハ・メダル」はアンドレアス・シュタイアーに

  10. サモーラ発 〓 サモーラ歌劇祭が近隣の相次ぐ森林火災でオペラ上演を来年に延期

  11. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管の第8代首席指揮者にクラウス・マケラ

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  13. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立歌劇場が世界初演されたばかりのエトヴェシュの新作《ヴァルスカ》を無料ストリーミング配信

  14. 訃報 〓 クシシュトフ・ペンデレツキ(86)ポーランドの作曲家

  15. ボストン発 〓 空席が続いていたボストン響のコンサートマスターにネイサン・コール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。