パリ発 〓 パリ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/03/15

パリ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新制作はグノー《ファウスト》、ヤナーチェク《イェヌーファ》、チャイコフスキー《スペードの女王》。

また、カリスト・ビエイトの新演出による「リング・チクルス」の後半2作品も新制作で、10月に《ジークフリート》、11月の《神々の黄昏》に上演される。

「リング・チクルス」は四部作の通し上演も予定されており、上演は都合2回。1回目は11月23日から28日。2回目は11月30日から12月6日。

ワーグナー《ジークフリート》
10月10日 →
演出:カリスト・ビエイト
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:アンドレアス・シェーガー / ゲアハルト・ジーゲル / イアン・パターソン / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー / ディミトリ・イヴァシュチェンコ / ヴィープケ・レームクール / ジュリー・フックス / マルティナ・セラフィン

ワーグナー《神々の黄昏》
11月13日 →
演出:カリスト・ビエイト
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:アンドレアス・シェーガー / ヨハネス・マルティン・クレンツレ / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー / アイン・アンガー / リカルダ・メルベート / アンナ・ガブラー / サラ・コノリー

グノー《ファウスト》
2021年3月16日 →
演出:トビアス・クラッツァー
指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ
出演:ベンジャミン・ベルンハイム / スティーヴン・ コステロ / イルダル・アブドラザコフ / ジョン・レリエ / フロリアン・センペイ / エルモネラ・ヤオE / アニタ ・ハルティッヒ / ミシェル・ロジエ

ヤナーチェク《イェヌーファ》
2021年4月9日 →
演出:クリストフ・ワリコフスキ
指揮:オクサーナ・リーニフ
出演:アスミク・グリゴリアン / エレーナ・ザレンバ / パヴェル・チェルノフ / スタニスラス・ド・バルベイラク / ミヒャエル・クラウス

チャイコフスキー《スペードの女王》
2021年5月25日 →
演出:ドミトリー・チェルニャコフ
指揮:ダニエル・バレンボイム
出演:ブランドン・ジョヴァノヴィッチ / ジョン・ルンドグレン / エティエンヌ・デュピュイ / アレクセイ・ドルゴフ / ガボール・ブレッツ / ヴィオレッタ・ウルマーナ / アスミク・グリゴリアン / クレメンティーネ・マルガイーネ

写真:Opéra national de Paris / Patrick Tourneboeuf


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 フランス政府が文化施設の閉鎖を5月19日に解除

  2. ダラス発 〓 ダラス響が音楽監督のファビオ・ルイージとの契約を延長

  3. リーズ発 〓 英国のオペラ・ノースが新制作のヘンデル《アルチーナ》をストリーミング配信

  4. パリ発 〓 フランスの夏の音楽祭も相次いで中止を発表

  5. トゥーロン発 〓 トゥーロン歌劇場の音楽監督にヴィクトリアン・ヴァノステン

  6. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  7. パリ発 〓 ピアニストの亀井聖矢、「ロン=ティボー国際音楽コンクール」で韓国のイ・ヒョクと第1位を分け合う

  8. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  9. ハリコフ発 〓 ロシアのウクライナ侵略に伴う攻撃で、オデッサに続いて、ハリコフのオペラハウスも破壊される

  10. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  11. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  12. ルートヴィヒスハーフェン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが首席指揮者のマイケル・フランシスとの契約を延長

  13. ホーフ発 〓 ホーフ響の首席指揮者にベルギーの若手マルテイン・デンディーフェル

  14. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  15. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。