ピッツバーグ発 〓 マンフレート・ホーネックがピッツバーグ響との契約を延長

2021/09/25
【最終更新日】2021/10/02

マンフレート・ホーネック(Manfred Honeck)が首席指揮者を務めるピッツバーグ交響楽団(Pittsburgh Symphony Orchestra)との契約を延長した。ホーネックは2008年からその任にあり、今回の契約更改で任期は2027/2028シーズン終了まで延びる。

ホーネックはオーストリア・ネンツィング生まれの63歳。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のヴィオラ奏者を経て指揮者に転身した。弟のライナーはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター。

本人も故クラウディオ・アバドの元でグスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団の準指揮者を務めた後、MDR交響楽団(1996-1999)やスウェーデン放送交響楽団(2000-2006)の首席指揮者、シュトゥットガルト州立劇場の音楽総監督(2007-2011)を歴任してきた。

新シーズンでホーネックは、オーケストラの委託作品など世界初演を行う演奏会を5回行う他、2022年4月にはオーケストラの125年の歴史で初めて、1週間で9曲を演奏するベートヴェンの交響曲全曲演奏会に取り組む。

写真:Pittsburgh Symphony Orchestra / Kai Bienert


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが新シーズン、2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  2. プラハ発 〓 セミヨン・ビシュコフがチェコ・フィルの音楽監督を2028年に退任する意向

  3. パリ発 〓 ヤープ・ファン・ズヴェーデンがフランス放送フィルの次期音楽監督に

  4. 訃報 〓 ケルスティン・マイヤー(92)スウェーデンのメゾ・ソプラノ歌手

  5. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  6. 訃報 〓 ミヒャエル・ハンペ(87)ドイツの演出家

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月19日に再開場

  8. ビリニュス発 〓 ヴァイオリンのヤッシャ・ハイフェッツ・コンクールで、スペインのハビエル・コメサーニャが優勝

  9. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  10. プラハ発 〓 チェコ・フィルの音楽監督セミヨン・ビシュコフがロシア批判の声明

  11. ロンドン発 〓 ヴァイオリニストのジョシュア・ベルが音楽監督を務めるアカデミー室内管との契約を延長

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. カールスルーエ発 〓 バーデン州立劇場が音楽総監督のゲオルク・フリッチュとの契約を延長

  14. ロンドン発 〓 作曲家の久石譲がロイヤル・フィルの「コンポーザー・イン・アソシエーション」に

  15. ミラノ発 〓 スカラ座が5月、ネトレプコのリサイタルを予定

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。