ベルリン発 〓 首席フルートのマチュー・デュフォーがベルリン・フィルを退団

2022/01/01

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)の首席フルート奏者マチュー・デュフォー(Mathieu Dufour)の退団が明らかになった。理由は明らかにされておらず、オーケストラは後任の募集を開始した。デュフォーは2015年からアンドレアス・ブラウの後任として首席奏者を務めてきた。

デュフォーは1972年、パリ生まれの48歳。リヨン国立音楽院でマクサンス・ラリューに師事。首席で卒業後、1993年に弱冠20歳でトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団の首席奏者に就任。その後、数々の著名な国際コンクールで入賞を重ねた。

1996年からはパリ国立オペラ管弦楽団のスーパー・ソロイストを務め、1999年には音楽監督のダニエル・バレンボイムに招かれてシカゴ交響楽団に移籍、ベルリン・フィルに移るまで首席奏者を務めていた。

写真:Chicago Symphony Orchestra / Todd Rosenberg


関連記事

  1. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  2. 東京発 〓 NHK交響楽団が次期首席指揮者にファビオ・ルイージ

  3. 訃報 〓 ミレッラ・フレーニ, イタリアのソプラノ歌手

  4. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

  5. ハノーファー発 〓 第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」は米国のマリア・ユデニッチが優勝

  6. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  7. ヴィースバーデン発 〓 パトリック・ランゲが任期残してヘッセン州立劇場の音楽総監督を退任、芸術総監督との方向性合わず

  8. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  9. 訃報 〓 テレサ・ツィリス=ガラ, ポーランド出身のソプラノ歌手

  10. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  11. フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

  12. ロンドン発 〓 ユロフスキ指揮の《ニーベルングの指環》通し上演を断念、ロンドン・フィル

  13. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが7月末までの公演をすべてキャンセル

  14. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  15. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。