ロンドン発 〓 発表、オペラ・アワード2018

2018/04/10
【最終更新日】2022/05/13

「オペラ・アワード」2018の発表セレモニーが9日、ロンドンで行われた。「永年功労賞」はテレサ・ベルガンサ(写真)が受賞した。「オペラ・アワード」は2012年、英国のヘルスケア・リートを運営するハリー・ハイマンによって創立された国際賞。英国の月刊誌「オペラ・マガジン」の編集主幹ジョン・アリソンが審査委員長を務め、欧米の音楽批評家たちが選考委員を務めている。賛同者リストにはプラシド・ドミンゴ、ジャネット・ベーカー、トーマス・アレン、ミレッラ・フレーニらオペラ界の大物が名前が並ぶ。主要部門賞の受賞者は以下の通り。
写真:Festival Internacional de Panticosa

[永年功労賞]テレサ・ベルガンサ
[女性歌手]マリン・ビストレム
[男性歌手]ピョートル・ベチャワ
[指揮者]ウラディーミル・ユロフスキ
[新演出上演]ブリテン《ビリー・バッド》 / テアトロ・レアル / 演出:デボラ・ワーナー
[演出家]マリウシュ・トレリンスキ
[舞台デザイン]ポール・スタインバーグ
[世界初演]ブレット・ディーン《ハムレット》/ グラインドボーン音楽祭
[歌劇場]バイエルン州立歌劇場
[オーケストラ]ミラノ・スカラ座管弦楽団
[音楽祭]ヴェルディ・フェスティバル
[教育・アウトリーチ活動]オペラ・ホーランドパーク
[録音]ベルリオーズ《トロイ人》 出演:ジョイス・ディドナート、マイケル・スパイレス、マリー=ニコル・ルミュー  / 指揮:ジョン・ネルソン  / 管弦楽:ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団、他

関連記事

  1. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  2. ロンドン発 〓 ラトルら世界的な音楽家119人が嘆願書、ウクライナ侵略戦争の即時停止、ロシアのアーティストの一律ボイコットに反対の訴え

  3. ミラノ発 〓 スカラ座が「平和のためのコンサート」開催、ウクライナへの連帯を表明

  4. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  5. 訃報 〓 ウィリー・バーマン, 米国のダンス教師

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  7. ロンドン発 〓 英政府が「女王誕生日の叙勲」リストを発表

  8. カルガリー発 〓 ホーネンス国際ピアノ・コンクールが1年延期を発表

  9. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  11. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナース

  13. クリーブランド発 〓 クリーブランド管が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ワルシャワ発 〓 ポーランドもロックダウンへ

  15. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。