セビリア発 〓 セビリア王立交響楽団の次期芸術監督にマルク・スーストロ

2021/03/14

スペインのセビリア王立交響楽団(Real Orquesta Sinfónica de Sevilla)が次期芸術監督にフランスの指揮者マルク・スーストロ(Marc Soustrot)を迎えると発表した。2014年からその任にあったジョン・アクセルロッドの後任で、任期は2021/2022シーズンから3年。

スーストロはフランス・リヨン生まれの71歳。トロンボーンとピアノを学び、パリ国立高等音楽院でマニュエル・ロザンタールに指揮を学んだ。ロンドン交響楽団でアンドレ・プレヴィンのアシスタントを務め、1975年のブザンソン国際指揮者コンクールで優勝している。

その後、フランスの国立ロワール地方管弦楽団(1976-1994)、ドイツのボン・ベートーヴェン管弦楽団(1995-2003)、オランダのブラバント管弦楽団(1996-2006)、スウェーデンのマルメ交響楽団(2011–2019)を歴任している。

セビリア王立交響楽団は1990年の設立で、セビリアのマエストランサ劇場を本拠地としている。歴代の音楽監督には、ヴィェコスラフ・シュテイ、クラウス・ヴィーゼ、アラン・ロンバール、ペドロ・アルフテルがいる。

写真:Malmö SymfoniOrkester


関連記事

  1. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  4. 東京発 〓 新国立劇場の無料ストリーミング「巣ごもりシアター」が第2弾のラインナップを発表

  5. シカゴ発 〓 シカゴ響が来年1月から3月末まで公演をキャンセル

  6. ブリュッセル発 〓 NHK交響楽団のヨーロッパ・ツアーが終了

  7. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  9. 訃報 〓 アンドレア・ギオー, フランスのソプラノ歌手

  10. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  11. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  12. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  13. 香港発 〓 香港フィルが日本、韓国ツアーを中止

  14. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  15. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス, 米国のメゾ・ソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。