セビリア発 〓 セビリア王立交響楽団の次期芸術監督にマルク・スーストロ

2021/03/14

スペインのセビリア王立交響楽団(Real Orquesta Sinfónica de Sevilla)が次期芸術監督にフランスの指揮者マルク・スーストロ(Marc Soustrot)を迎えると発表した。2014年からその任にあったジョン・アクセルロッドの後任で、任期は2021/2022シーズンから3年。

スーストロはフランス・リヨン生まれの71歳。トロンボーンとピアノを学び、パリ国立高等音楽院でマニュエル・ロザンタールに指揮を学んだ。ロンドン交響楽団でアンドレ・プレヴィンのアシスタントを務め、1975年のブザンソン国際指揮者コンクールで優勝している。

その後、フランスの国立ロワール地方管弦楽団(1976-1994)、ドイツのボン・ベートーヴェン管弦楽団(1995-2003)、オランダのブラバント管弦楽団(1996-2006)、スウェーデンのマルメ交響楽団(2011–2019)を歴任している。

セビリア王立交響楽団は1990年の設立で、セビリアのマエストランサ劇場を本拠地としている。歴代の音楽監督には、ヴィェコスラフ・シュテイ、クラウス・ヴィーゼ、アラン・ロンバール、ペドロ・アルフテルがいる。

写真:Malmö SymfoniOrkester


関連記事

  1. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  2. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  3. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  4. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  5. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  6. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》、《コジ・ファン・トゥッテ》をストリーミング配信

  7. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  8. エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

  9. 訃報 〓 バリー・タックウェル, オーストラリアのホルン奏者

  10. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  11. ストックホルム発 〓 トランペットの清水慶太郎がスウェーデン王立歌劇場の首席奏者に

  12. 上海発 〓 アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールは来年に延期

  13. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  14. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の日本公演の延期決まる

  15. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。