訃報 〓 ディミトリー・スミルノフ, 旧ソ連出身の作曲家

2020/04/12

旧ソ連出身の作曲家ディミトリー・スミルノフ(Dmitri Smirnov)が9日、新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患のため入院したロンドンの病院で亡くなった。71歳だった。1991年にイギリスに亡命していた。

旧ソ連ベラルーシ共和国の首都ミンスクで、オペラ歌手の家庭に生まれる。1972年にモスクワ音楽院を卒業。音楽院ではニコライ・シデルニコフやユーリ・ホロポフ、エディソン・デニソフらに師事した。

1976年、オランダのマーストリヒト国際コンクールで《ハープのための独奏曲》が1等賞を獲得して注目を集める。しかし、1979年には、ソ連作曲家同盟第6回会議の席上で、書記長を務める作曲界の権威ティホン・フレンニコフ(1913-2007)から、ケルンとヴェネツィアで開かれたソヴェト音楽祭に承認を得ずに参加した7人のうちの一人として指弾された。

しかし、その後も旺盛な活動が続き、1989年には、《ティリエル》と《ゼルの嘆き》というオペラがドイツのフライブルク音楽祭で上演され、交響曲第1番《四季》が米国のタングルウッド音楽祭で初演された。1990年にモスクワで旗揚げされた「現代音楽協会」の発起人の一人。

亡命後も新作を次々に発表。1993年に《自由の歌》がリーズで、、1996年に《チェロ協奏曲》がマンチェスターで、2001年にカンタータ《雅歌》がジュネーヴで初演された。2004年にはヴァイオリン、ハープ、コントラバスと管弦楽のための《三重協奏曲》第2番がロンドンのバービカンセンターでロンドン交響楽団により初演されている。

写真:Tatiana Kantorovitch


関連記事

  1. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  3. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  4. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  5. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  6. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  8. 訃報 〓 ミレッラ・フレーニ, イタリアのソプラノ歌手

  9. ボゴタ発 〓 コロンビア大統領が劇場閉鎖などは6月からさらに18か月間必要と発言

  10. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  11. 東京発 〓 東京交響楽団のコンサートマスターに小林壱成

  12. テルアビブ発 〓 ルービンシュタイン国際ピアノコンクール終了、スペインのフアン・ペレス・フロリスタンが優勝、日本の桑原が第2位

  13. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  14. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。