チューリヒ発 〓 チューリヒ歌劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

2018/04/12
【最終更新日】2018/10/02

スイス・ チューリヒ歌劇場が10日、2018/2019シーズンのスケジュールを発表した。プレミエ(新演出上演)の作品は以下の通り。

シュレーカー《烙印を押された人々》
指揮:ウラディーミル・ユロフスキ
演出:バリー・コスキー
出演:クリストファー・パーヴス / トーマス・ヨハネス・マイヤー / アルベルト・ペセンドルファー / キャサリン・ ネーグルスタッド / ジョン・ダザク


モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》
指揮:コルネリウス・マイスター
演出:キリル・セレブレンニコフ
出演:アンナ・ゴリャチョーバ / アンドレア・ボンダレンコ / フレデリック・アントゥーン / レベッカ・オルヴェラ / ミヒャエル・ナジ


フンパーディンク《ヘンゼルとグレーテル》
指揮:マルクス・ポシュナー
演出:ロバート・カーセン
出演:マルクス・ブリュック / マリナ・プルデンスカヤ / アンナ・ステファニー / オルガ・クルチンスカ / ハミーダ・クリストファーセン / セン・グオ


ソンドハイム《スウィーニー・トッド》
指揮:デヴィッド・チャールズ・アベル
演出:アンドレアス・ホモキ
出演:ブリン・ターフェル / アンゲリカ・キルヒシュラーガー / エリオット・マドーレ / リリアナ・ニキティーヌ / ブラインドリー・シャラット / イアン・ミルン


リゲティ《ル・グラン・マカーブル》
指揮:ファビオ・ルイージ
演出:タチヤーナ・ギュルバカ
出演:アイル・インデルハウグ / アリーナ・アダムスキー / シネイド・オケリー / デイヴィッド・ハンセン / イェンス・ラーセン / ジュディス・シュミット


マスネー《マノン》
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:フローリス・ビッサー
出演:エルザ・ドライシヒ / ピョートル・ベチャワ / ユーリ・ユルチュク / アラステア・ マイルズ / エリック・ウシェ / マルク・スコッフォーニ


ロッシーニ《イタリアのトルコ人》
指揮:エンリケ・マッツォーラ
演出:ジャン・フィリップ・グロガー
出演:ナウエル・ディ・ピエロ / ジュリー・フックス / レナート・ ジローラミ / エドガルド・ロチャ / ピエトロ・スパニョーリ / レベッカ・オレベラ


ロッシーニ《セビリアの理髪師》
指揮:アントニーノ・フォリアーニ
出演:オペラ・スタジオ・メンバー


ラモー《イポリートとアリシー》
指揮:エマニュエル・アイム
演出:イェツケ・ミーンセン
出演:メリッサ・プティ / シリル・デュボア / ステファニー・ドゥストラック / ジャン=フランソワ・ラポワント / ウェンウェイ・ジャン / ハミーダ・クリストファーセン / スペンサー・ラング


ヴェルディ《ナブッコ》
指揮:ファビオ・ルイージ
演出:アンドレアス・ホモキ
出演:ミヒャエル・フォレ / キャサリン・ ネーグルスタッド / ゲオルク・ツェッペンフェルト / ベンジャミン・ベルンハイム / ヴェロニカ・シメオーニ


    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  2. パリ発 〓 デュトワがフランス国立管を指揮してフランス音楽界復帰

  3. ウィーン発 〓 アルゲリッチがコンツェルトハウスの名誉会員に

  4. ヴェルビエ音楽祭 〓 出演者のキャンセルが相次ぎ、ついにラトルに指揮を依頼

  5. ガーシントン・オペラ 〓 2019年夏のラインナップを発表

  6. 東京発 〓 クス・カルテットが日本音楽財団の「パガニーニ・クァルテット」使って演奏会

  7. チューリヒ発 〓 チューリヒ歌劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 ビリャソンが手術で休養

  9. オランジュ音楽祭 〓 2018年のスケジュール発表

  10. モスクワ発 〓 チャイコフスキー・コンクールの本選出場者決まる

  11. ローマ発 〓 アルゲリッチにイタリア共和国功労勲章

  12. 訃報 〓 ヒルデ・ザデク, ドイツのソプラノ歌手

  13. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  14. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が2018/2019シーズンのラインナップ発表

  15. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。