訃報 〓 レオン・フライシャー(92)米国のピアニスト

2020/08/04
【最終更新日】2023/02/06

米国のピアニスト・指揮者のレオン・フライシャー(Leon Fleisher)が2日、ボルチモア病院で亡くなった。92歳だった。がんの治療を受けていたが、長く教壇に立ってきたピーボディ音楽院では先週までマスター・クラスで教えていたという。

1928年、サンフランシスコの生まれ。東欧ユダヤ系移民の家系で、父親は帽子作りの職人だった。息子を一流のピアニストにという母親の強い希望の下、4歳でピアノを始め、8歳でデビュー。その後、アルトゥール・シュナーベルに師事した。

その後、16歳でピエール・モントゥー指揮のニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団と共演。1952年にはベルギーのエリザベート王妃国際音楽コンクールで米国人として初の優勝を飾り、華々しい活躍を開始した。しかし1965年、「ジストニア=局所的筋失調症」を患い、右手に麻痺と変形が起きて演奏活動を休止した。まだ37歳の若さだった。

以後、ラヴェルの左手のための協奏曲など、左手のスペシャリストとして活動するかたわら、ピーボディ音楽院で教鞭を執り、指揮活動にも進出。1070年にはアナポリス交響楽団の音楽監督に就任して指揮者としての評価を獲得した。1992年から1998年まで新日本フィルハーモニー交響楽団の指揮者も務めた。

その後、1990年代後半になって、手術とボトックス療法、根気強く続けたリハビリによって、右手の演奏能力が復活。2004年には40年ぶりに録音を行い、リリースされたソロ・アルバム「TWO HANDS」は話題を集めた。

シュナーベルに師事したことから、フライシャー自身もベートーヴェンやブラームスを得意としたが、中でも、ジョージ・セル指揮のクリーヴランド管弦楽団と1959年から録音したベートーヴェンのピアノ協奏曲全集は名盤の誉れ高い。

写真:Joanne Savio


関連記事

  1. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が大規模改修工事で閉館、2024年秋にリーニューアル・オープン

  2. モントリオール発 〓 モントリオール響が空港の駐車場でコンサート

  3. グラフェネック発 〓 小澤征爾がオーストリア音楽劇場賞の特別賞「国際文化貢献賞」を受賞

  4. ルツェルン発 〓 ピアノのアルゲリッチが約1ヵ月ぶりに現場復帰、心臓の検査と治療経て

  5. ドレスデン発 〓 名指揮者ケンペの遺品が古巣のザクセン州立歌劇場へ

  6. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  7. ロンドン発 〓 「BBCミュージック・マガジン」年次賞のノミネート・アルバム決まる

  8. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が《マノン・レスコー》の公演で、マリア・アグレスタの代役にアンナ・ネトレプコを起用

  9. フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

  10. 東京発 〓 日本フィルが2024/2025シーズンの定期演奏会のラインナップを発表

  11. 訃報 〓 マリア・ユーイング(71)アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

  12. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  13. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  14. 訃報 〓 ラドゥ・ルプー(76)ルーマニア出身のピアニスト

  15. ロンドン発 〓 ギルドホール音楽演劇学校が休校、教員に感染者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。