大津発 〓 滋賀県立芸術劇場「びわ湖ホール」のゴールデン・ウィークは「近江の春 – びわ湖クラシック音楽祭」から「びわ湖の春音楽祭」に

2023/02/08

滋賀県立芸術劇場「びわ湖ホール」がゴールデン・ウィーク時期に行ってきた音楽祭の公演ラインナップを発表した。これまで「近江の春 – びわ湖クラシック音楽祭」として行われてきた音楽祭は、2023年からは「びわ湖の春音楽祭」に名称を変更して行われることになった。

ゴールデン・ウィーク時期の音楽祭は2018年、ホールの芸術監督を務める指揮者の沼尻竜典の発案、プロデュースでスタートしたもの。この4月に沼尻に変わって阪哲朗が芸術監督に就任するのに伴い、名称に加えて内容も一新、2023年は4月29日、30日の2日間にわたって行われる。

初回のテーマは「ウィーンの風」。阪は「自分自身の音楽人生は、最初に訪れたウィーンから始まりました。色々な文化が混ざり合うウィーンという街を音楽祭を通して見られたら」と語り、プログラム編成以外でも、昨年の音楽祭にお目見えした入場無料の「オーストリア体感広場」は引き続いて特設される。

阪は3公演を指揮。「オープニング・コンサート」はソプラノの中嶋彰子を迎えたジーツィンスキーの「ウィーン、わが夢の街」など、得意とするオペレッタ・プログラムを組み、京都市交響楽団を指揮する。2日目は京都市交響楽団に加えて、「ファイナル・コンサート」で日本センチュリー交響楽団を指揮する。

期間中、本拠地の「びわ湖ホール」では12の有料公演が予定され、指揮の鈴木優人、サクソフォンの上野耕平、カウンター・テナーの藤木大地といったアーティストが顔を揃える。また、それらに連動した「びわ湖ホール声楽アンサンブル」の公演などが、滋賀県内の湖南市、長浜市、米原市、守山市などで行われる。

写真:Biwako Hall


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 ヤンソンスの代役にウェルザー=メスト、ソヒエフ

  2. グラインドボーン発 〓 音楽祭が2023年の国内ツアーをキャンセル

  3. 東京発 〓 都響の新たなコンサートマスターに水谷晃

  4. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭が総裁を務めるチェチーリア・ガスディアとの契約を延長

  5. パルマ発 〓 ヴェルディ・フェスティバルが2023年の公演ラインナップを発表

  6. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  7. ザルツブルク発 〓 国際モーツァルト財団が来年の「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表

  8. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭、今年は5月21日に開幕

  9. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・オペラ・フェスティバル、2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  10. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の音楽祭は予定通りの開催めざす

  11. 東京発 〓 新国立劇場が2022/2023シーズンの新制作、ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》を無料ストリーミング配信

  12. 松本発 〓 「セイジ・オザワ松本フェスティバル」2年連続の中止を発表

  13. ヴェローナ音楽祭 〓 リッカルド・ムーティが2021年の音楽祭に登場

  14. ドナウエッシンゲン発 〓 音楽祭の開催中止を発表

  15. ゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭 〓 第100回の音楽祭の開催を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。