ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響が首席指揮者ニコラス・コロンとの契約を延長

2023/02/08

フィンランド放送交響楽団(Radion sinfoniaorkesteri)が首席指揮者を務めるニコラス・コロン(Nicholas Collon)との契約を延長した。コロンは2021/2022シーズンからその任にあり(ハンヌ・リントゥの後任)、今回の契約更改で任期は2028年夏まで延びる。

コロンはロンドンの生まれの40歳。イートン校、ケンブリッジ大学のクレア・カレッジでヴィオラ、ピアノ、オルガンを学び、指揮をコリン・デイヴィス、マーク・エルダーに師事した。

2004年にロンドンで、指揮者のロビン・ティチアーティたちとオーロラ管弦楽団を起ち上げ、初代芸術監督に就任。2018/2019シーズンからはオランダのハーグ・レジデンティ管弦楽団の首席指揮者も務めている。

フィンランド放送交響楽団は1927年の設立。フィンランド放送協会(フィンランド国営放送)が運営し、ヘルシンキ・ミュージックセンターを本拠地に活動している。ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団と並び、フィンランドを代表するオーケストラの一つ。

写真:Aurora Orchestra / Chris Christodoulou


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  2. ベルリン発 〓 レコード賞「オーパス・クラシック」授賞式がコンツェルトハウスで

  3. アムステルダム発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがオランダ国立オペラ、オランダ・フィルの首席指揮者を退任

  4. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  5. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  6. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭がストリーミング配信のための有料プラットホーム起ち上げ、名付けて「グラインドボーン・アンコール」

  7. オーデンセ発 〓 オーデンセ響の首席指揮者にピエール・ブリューズ

  8. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  9. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居を博物館に

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラがワーグナー《リエンツィ》をストリーミング配信

  11. モスクワ発 〓 ヴァシリー・ペトレンコがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督に

  12. ニース発 〓 ニース・フィルの首席指揮者にリオネル・ブランギエ

  13. ロイトリンゲン発 〓 ヴュルテンベルク・フィルの首席指揮者にアリアーヌ・マティアク

  14. マドリード発 〓 テアトロ・レアルの次期音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  15. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が首席指揮者のマリン・オールソップとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。