東京発 〓 東京二期会が《影のない女》の上演を断念、代わりに宮本亞門演出の《フィガロの結婚》

2022/02/03

東京二期会がドイツのボン市立オペラとの共同制作で2月9日から上演する予定だった《影のない女》の上演を断念、代わりに《フィガロの結婚》を上演すると発表した。政府の新型コロナウイルス感染予防措置などにより、外国人スタッフとの協働が不可能なため。

今回の《影のない女》は演出にペーター・コンヴィチュニーを起用。奇才演出家初の《影のない女》で、ボンに先立って東京でワールド・プレミエを迎えることで話題を集めていた。代わって上演される《フィガロの結婚》は2002年の初演で、宮本亞門の二期会演出デビューともなったプロダクション。それまでのオペラ演出の概念を覆すスピード感と躍動感あふれる舞台が人気を博した。

会場は東京文化会館で、9日に初日を迎えた後、11日、12日、13日に行われる。歌手陣はダブルキャストで、アルマヴィーヴァ伯爵に大沼徹と与那城敬、伯爵夫人に大村博美と髙橋絵理、スザンナに宮地江奈と種谷典子、フィガロに萩原潤と近藤圭、ケルビーノに小林由佳、郷家暁子の予定。

指揮は川瀬賢太郎で、ピットには、2022年に創立50周年を迎える新日本フィルハーモニー交響楽団が入る。節目といえば、2022年はまた、宮本にとっては二期会演出デビュー20周年、二期会は創立70周年という年でもある。

写真:Tokyo Nikikai Opera Foundation / Chikashi Saegusa


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 フー・ツォン, 中国生まれの英国のピアニスト

  2. ニコシア発 〓 ギュンター・ノイホルトがキプロス響の芸術監督に

  3. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  4. ベルリン発 〓 休養していたバレンボイム、ベルリン州立歌劇場の「平和のためのコンサート」で復帰。ウクライナへの連帯を共有

  5. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルのメンバーに初のトルコ人

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がシーズン閉幕を宣言、夏のミュンヘン・オペラ・フェスティバルも中止

  8. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが新制作の《ホフマン物語》の上演を延期、コロナ禍で

  9. モスクワ発 〓 ロシアは過去24時間の新規感染者、死者とも過去最多を記録、来月7日まで全土で劇場など閉鎖

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場がストリーミング第2週のラインナップを発表、新制作の《ドン・ジョヴァンニ》もライブ配信

  11. ウェリントン発 〓 ニュージーランド響の次期首席指揮者にジェンマ・ニュー

  12. ニューヨーク発 〓 ウクライナ人演奏家集めた「フリーダム・オーケストラ」が欧米をツアー

  13. ダラス発 〓 ダラス交響楽団がルイージの指揮でメトロポリタン歌劇場管弦楽団と合同コンサート

  14. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  15. チューリッヒ発 〓 トーンハレが9月にリニューアル・オープン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。