東京発 〓 東京二期会が《影のない女》の上演を断念、代わりに宮本亞門演出の《フィガロの結婚》

2022/02/03

東京二期会がドイツのボン市立オペラとの共同制作で2月9日から上演する予定だった《影のない女》の上演を断念、代わりに《フィガロの結婚》を上演すると発表した。政府の新型コロナウイルス感染予防措置などにより、外国人スタッフとの協働が不可能なため。

今回の《影のない女》は演出にペーター・コンヴィチュニーを起用。奇才演出家初の《影のない女》で、ボンに先立って東京でワールド・プレミエを迎えることで話題を集めていた。代わって上演される《フィガロの結婚》は2002年の初演で、宮本亞門の二期会演出デビューともなったプロダクション。それまでのオペラ演出の概念を覆すスピード感と躍動感あふれる舞台が人気を博した。

会場は東京文化会館で、9日に初日を迎えた後、11日、12日、13日に行われる。歌手陣はダブルキャストで、アルマヴィーヴァ伯爵に大沼徹と与那城敬、伯爵夫人に大村博美と髙橋絵理、スザンナに宮地江奈と種谷典子、フィガロに萩原潤と近藤圭、ケルビーノに小林由佳、郷家暁子の予定。

指揮は川瀬賢太郎で、ピットには、2022年に創立50周年を迎える新日本フィルハーモニー交響楽団が入る。節目といえば、2022年はまた、宮本にとっては二期会演出デビュー20周年、二期会は創立70周年という年でもある。

写真:Tokyo Nikikai Opera Foundation / Chikashi Saegusa


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハーグ発 〓 レジデンティ管弦楽団の次期首席指揮者にアーニャ・ビールマイアー

  2. バンベルク発 〓 バンベルク響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、6月に日本ツアーも

  3. ケルン発 〓 フランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市の音楽総監督を退任、任期1年残して

  4. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィル初の女性コンサートマスターとしてデビュー

  5. ドレスデン発 〓 マレク・ヤノフスキがコンサート形式による新しい“リング・チクルス”、手兵のドレスデン・フィルと

  6. ウィーン発 〓 コンツェルトハウスがクルレンツィス&ムジカエテルナのコンサートをキャンセル、ウクライナ大使の要請受け

  7. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールが開催延期を発表

  8. ハンブルク発 〓 州立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、開幕は新制作の《ボリス・ゴドノフ》

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

  10. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

  11. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  12. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、カステルッチの新演出による《ニーベルングの指環》が登場

  13. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  14. ベルリン発 〓 ピアノのラルス・フォークトがインタビューでがん闘病語る

  15. 訃報 〓 ブラムウェル・トーヴィー(69)英国の指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。