ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭が2024年夏の公演ラインナップを発表、上演オペラは《魔弾の射手》

2023/11/25

オーストリアの夏の音楽祭、ブレゲンツ音楽祭(Bregenzer Festspiele)が2024年夏の公演ラインナップを発表した。それによると、2024年は7月17日から8月18日の開催。上演されるオペラは、2022年、2023年のプッチーニ《蝶々夫人》から、フィリップ・シュテルツルが新演出を手掛けるウェーバー《魔弾の射手》に切り替わる。

開幕公演は、マックスにトーマス・ブロンデル、アガーテにヴェラ=ロッテ・ベッカー、カスパールにクリストフ・フィッシェッサー、クーノーにフランツ・ハヴラタ
エンヒェンにハンナ・ヘルフルトナー、オットカールにリヴュー・ホレンダーといった顔ぶれが揃い、ピットに入るウィーン交響楽団を音楽監督のエンリケ・マッツォーラが指揮する。


一方、祝祭劇場で上演されるオペラは、ロッシーニの《タンクレディ》で、こちらは7月18日、21日、29日の上演。こちらは演出がジャン・フィリップ・グロガーで、指揮はイーチェン・リン(=林沂蓁)。アルジーリオにアントニーノ・シラグーザ、タンクレディにアンナ・ゴリャチョーヴァが起用される。

また、8月12日、14日、16日には、ロッシーニ《婚約手形》とプッチーニ《ジャンニ・スキッキ》の通し上演が行われ、演出は音楽祭でマスタークラスも主宰しているブリギッテ・ファスベンダーが演出を手掛ける。ピットはレオ・マクフォール指揮のフォアアールベルク交響楽団。

音楽祭では2024年、2025年に《魔弾の射手》を上演した後、2026年、2027年にヴェルディ《椿姫》を上演することを発表している。演出はダミアーノ・ミケレット。

写真:Bregenzer Festspiele


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. バーデン=バーデン発 〓 バーデン=バーデン聖霊降臨祭の音楽祭を中止

  2. ウィーン発 〓 指揮者のティーレマンが国立歌劇場の名誉団員に

  3. ヴェルビエ音楽祭 〓 2021年のプログラムを発表、藤田、辻井が出演

  4. ラ・コート=サンタンドレ発 〓 指揮者のガーディナーが公演に出演した歌手に暴行、謝罪

  5. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  6. ブレゲンツ音楽祭 〓 新制作の《アルジェのイタリア女》の上演を断念、上演陣のコロナ陽性反応受け

  7. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  8. ザルツブルグ発 〓 モーツァルト週間が2024年の公演ラインナップを発表、テーマは「モーツァルトとサリエリ」

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  10. シドニー発 〓 ハンダ・オペラが今年の公演を中止

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  12. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が今後の予定を発表。ビシュコフ、ガッティが復帰

  13. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭が2021年の音楽祭概要を発表、テーマは「対話」

  15. グラインドボーン発 〓 音楽祭が2023年の国内ツアーをキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。