ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭が2024年夏の公演ラインナップを発表、上演オペラは《魔弾の射手》

2023/11/25

オーストリアの夏の音楽祭、ブレゲンツ音楽祭(Bregenzer Festspiele)が2024年夏の公演ラインナップを発表した。それによると、2024年は7月17日から8月18日の開催。上演されるオペラは、2022年、2023年のプッチーニ《蝶々夫人》から、フィリップ・シュテルツルが新演出を手掛けるウェーバー《魔弾の射手》に切り替わる。

開幕公演は、マックスにトーマス・ブロンデル、アガーテにヴェラ=ロッテ・ベッカー、カスパールにクリストフ・フィッシェッサー、クーノーにフランツ・ハヴラタ
エンヒェンにハンナ・ヘルフルトナー、オットカールにリヴュー・ホレンダーといった顔ぶれが揃い、ピットに入るウィーン交響楽団を音楽監督のエンリケ・マッツォーラが指揮する。


一方、祝祭劇場で上演されるオペラは、ロッシーニの《タンクレディ》で、こちらは7月18日、21日、29日の上演。こちらは演出がジャン・フィリップ・グロガーで、指揮はイーチェン・リン(=林沂蓁)。アルジーリオにアントニーノ・シラグーザ、タンクレディにアンナ・ゴリャチョーヴァが起用される。

また、8月12日、14日、16日には、ロッシーニ《婚約手形》とプッチーニ《ジャンニ・スキッキ》の通し上演が行われ、演出は音楽祭でマスタークラスも主宰しているブリギッテ・ファスベンダーが演出を手掛ける。ピットはレオ・マクフォール指揮のフォアアールベルク交響楽団。

音楽祭では2024年、2025年に《魔弾の射手》を上演した後、2026年、2027年にヴェルディ《椿姫》を上演することを発表している。演出はダミアーノ・ミケレット。

写真:Bregenzer Festspiele


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. グラインドボーン発 〓 音楽祭が2023年の国内ツアーをキャンセル

  2. ザンクト・ペルテン発 〓 トーンキュンストラー管の次期首席指揮者にファビアン・ガベル、佐渡裕の後任

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」は2022年も中止決まる、新型コロナの収束見通せず

  4. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はフランツ・ウェルザー=メスト

  5. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭、2021年のスケジュールを発表

  6. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表、新制作の《トリスタンとイゾルデ》を追加

  7. ヴェローナ音楽祭 〓 リッカルド・ムーティが2021年の音楽祭に登場

  8. ウィーン発 〓 オーストリアが22日から再び完全なロックダウン、劇場は閉鎖

  9. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  10. バイロイト発 〓 メゾ・ソプラノのエリーナ・ガランチャがバイロイト音楽祭デビュー、新制作の《パルジファル》のクンドリー役で

  11. ウィーン発 〓 コンツェルトハウスがクルレンツィス&ムジカエテルナのコンサートをキャンセル、ウクライナ大使の要請受け

  12. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2023年のオペラはカウフマン主演の《タンホイザー》。レジデント・オーケストラにアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、新制作の《パルジファル》の上演を延期

  14. ウィーン発 〓 ポリーニが10ヵ月ぶりに現場復帰

  15. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭がジョン・ルンドグレンの降板を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。