バーデン=バーデン音楽祭 〓 バーデン=バーデン音楽祭が2023年の公演ラインナップを発表。25周年迎えてカウフマンで開幕、フローレスで閉幕

2022/10/24
【最終更新日】2022/11/24

ドイツのバーデン=バーデン音楽祭(Festspiele Baden-Baden)が2023年の公演ラインナップを発表した。音楽祭は2023年で設立25周年。シーズンは1月8日、ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエのデュオによるオペラ・ガラ・コンサートで幕を開け、大晦日のファン・ディエゴ・フローレスが出演するジルベスター・コンサートで幕を閉じる。

かつて夏の音楽祭として知られた音楽祭はいまや年間を通じて興行を行っており、2023年をみれば、2月の若い世代のための音楽祭、4月の復活祭音楽祭、5月末の聖霊降臨祭音楽祭、7月の夏の音楽祭、9月のジョン・ノイマイヤーの世界というバレエ祭、11月の秋の音楽祭、12月の冬の音楽祭が行われる。

中でも、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がレジデンツ・オーケストラを務め、オペラ上演に取り組む復活祭音楽祭が注目を集めている。2023年は4月1日から10日という日程で、2023年はリヒャルト・シュトラウス《影のない女》を上演する。

公演の指揮はキリル・ペトレンコで、演出はリディア・スタイアーが手掛ける。出演はイレーネ・テオリン、ヴォルフガング・コッホ、エルザ・ファン・デン・ヘーヴァー、ミヒャエラ・シュースター、クレイ・ヒリーらが出演する。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、ペトレンコ指揮でソプラノのディアナ・ダムラウによるオール・シュトラウス・プログラムに登場する他、エマニュエル・アイムの指揮によるヘンデル《時と悟りの勝利》が演奏会形式で上演される。出演はエルザ・ブノワ、フランコ・ファジョーリ、イエスティン・デイヴィス他。

写真:Festspielhaus Baden-Baden


  もっと詳しく ▷

  音楽祭プロフィールはこちら ▷

  音楽祭から生まれた銘盤 ▷


関連記事

  1. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表、ムーティが開幕コンサートを指揮

  2. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  3. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  4. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  5. ヴィースバーデン発 〓 パトリック・ランゲが任期残してヘッセン州立劇場の音楽総監督を退任、芸術総監督との方向性合わず

  6. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  7. ニュルンベルク発 〓 州立劇場が音楽総監督のローランド・ベーアとの契約を延長

  8. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

  9. パルマ発 〓 ヴェルディ・フェスティバルが2022年の音楽祭スケジュールを発表

  10. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が夏のオペラ・フェスティバルのスケジュールを発表

  12. ミュンヘン発 〓 8月末からのミュンヘン国際音楽コンクールも中止

  13. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  14. エディンバラ発 〓 国際フェスティバルが2021年の公演ラインナップを発表

  15. 訃報 〓 ゲオルク・シュメーエ(81)ドイツの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。